ES-100

タニタは7月1日に、体臭や加齢臭、強すぎる香水の香りなど、からだのにおいをセルフチェックできるにおいチェッカー「ES-100」を発売する。メインターゲットは40代~50代の男性ビジネスマンで、カラーは男性を意識したブラック1色のみ。

首まわりや頭部、脇といった気になる部位にセンサをあてるだけで、においの強さをレベル0~10の11段階で測定・表示するエチケットアイテム。本体のセンサ部分を開くと自動的に電源がオンになり、測定は約10秒間で終了する。11段階のうち、においの強さがレベル5を超えると、「においケア」が必要なデオドラントサインとなる。

汗に含まれる成分を代表的な「におい物質」として選定し、独自のアルゴリズムによってそれぞれのにおい成分を推定することで、においの強さのレベル表示に成功した。半導体ガスセンサによる検知方式のアルゴリズムには、「ブレスチェッカー」や「アルコールチェッカー」で培ったノウハウを応用している。

本体はポケットに入るコンパクトサイズで、人と会うときや電車に乗る前など、気になったときにすぐに使える。センサ部分は2000回(または1年間)の測定が可能で、別売のセンサーカートリッジに交換すると継続して使用できる。サイズは幅94×高さ52×奥行き25mm、重さは約60g。

価格は、「ES-100」、別売のセンサーカートリッジともにオープン。タニタオンラインショップでは、「ES-100」を税込1万3824円で予約販売している。センサーカートリッジの販売価格は税込5378円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます