【東京国際映画祭2014】舞台裏に潜入できる!「宣伝広報」「カメラマン」募集&今年の見どころ3つ

10月23日(木)からいよいよ開催される第27回東京国際映画祭。映画祭では、宣伝広報(プレスサポート)とオフィシャルカメラマンの業務を手伝ってくれる人を広く一般から大募集。映画祭を発信する側から体験できて、映画をより身近に感じられるその仕事の内容を、今年の映画祭の見どころと一緒に紹介していきます。

  

10月23日(木)からいよいよ開催される第27回東京国際映画祭は、これまでの六本木をメイン会場に、新たに「TOHOシネマズ日本橋」「歌舞伎座」にもエリアと会場を拡大。

映画ファンを魅了するよりスケールの大きな充実したプログラムになっています。そこで映画祭では、宣伝広報(プレスサポート)とオフィシャルカメラマンの業務を手伝ってくれる人(インターン)を広く一般から大募集。

映画祭を発信する側から体験できて、映画をより身近に感じられるその仕事の内容を、今年の映画祭の見どころと一緒に紹介していきます。

今年の映画祭の見どころはディズニー・アニメ新作を世界最速上映!

映画祭で毎年大きな話題を集めるのがオープニングとクロージング作品ですが、今年は例年以上に盛り上がること必至です。何しろオープニングでは、日本文化から多くのインスピレーションを得たと言われるディズニー・アニメーションの最新作『ベイマックス』を“世界最速”ワールド・プレミア上映!

『ベイマックス』12月20日公開 ©2013 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  
『寄生獣』11月29日公開 ©映画「寄生獣」製作委員会

クロージングでは累計発行部数1100万部を突破し、世界中に熱狂的なファンを持つ伝説の人気コミックを『永遠の0』の山崎貴監督が実写化した超話題作『寄生獣』を、こちらも“世界最速”ワールド・プレミア上映します。

 

新会場「歌舞伎座」では「歌舞伎座スペシャルナイト」を開催

さらに、新会場となる日本の伝統と発信地「歌舞伎座」では「歌舞伎座スペシャルナイト」と銘打ち、歌舞伎と縁のあるチャールズ・チャップリンの『街の灯』(31)を特別上映。上映前には歌舞伎俳優・市川染五郎が舞踏「石橋(しゃっきょう)を披露、上映後にはトークショーを行うスペシャルな夜を演出します。

『新世紀エヴァンゲリオン』庵野秀明の貴重なオタク!?映像も披露

そして、日本が誇るアニメーションにより注力する今回は『新世紀エヴァンゲリオン』などで知られるアニメ界の鬼才の特集上映「庵野秀明の世界」を映画祭の中核に据えて開催するのも大きなトピック。庵野監督が手がけたTVアニメ、劇場公開作品に加え、学生時代に自主制作した貴重な短編、CM、PVなど約50作品を一挙上映するので、これは見逃せません。

『紙の月』11月15日公開 ©2014「紙の月」製作委員会

もちろん、映画祭のメイン・プログラム「コンペティション部門」も宮沢りえさんが主演した『紙の月』(吉田大八監督)を始め、世界92ヶ国、1400本近い映画がワールドワイドな15作品が最高賞の「東京サクラグランプリ」をかけて熱いバトルを繰り広げます。

 

そんな映画祭の現場で働く宣伝広報、オフィシャルカメラマンとはどんな仕事なのか? そう思っている人も多いと思うので、ここではその仕事の概要を簡単に説明しましょう。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング