大泉洋、舞台あいさつで映画共演者とキス?

2014.10.1 12:33配信
(左から)三島有紀子監督、大泉洋、安藤裕子、バベット君

北海道を舞台に描いたヒューマンドラマ『ぶどうのなみだ』の特別試写会が30日に都内で行われ、2012年公開の『しあわせのパン』に続きタッグを組んだ三島有紀子監督と主演の大泉洋、本格的な演技に初挑戦したミュージシャンの安藤裕子が舞台あいさつに登壇。サプライズで劇中に登場するオールド・イングリッシュ・シープドッグのバベット君(2歳)が登場し、大泉の口元をペロペロ。“共演者”からの突然のキスに、大泉は「かわいいけど、ここまで(距離が)近いと怖いですね」と笑いをさそった。

その他の写真

空知地方のワイナリーを舞台に、ワイン作りに情熱を注ぐ不器用な主人公・アオ(大泉)と、突然現れた赤いワンピースを着た女性エリカ(安藤)が織りなす“再生の物語”がオーガニックな演出で紡がれていく。アオの弟・ロクを染谷将太が演じている。

故郷である北海道がロケ地になった大泉は「北海道の美しい景色と、三島監督がこだわり続けて撮った美味しそうな料理とワインが出てきます。すごくお腹の減る映画(笑)。ぜひ楽しんでください」とアピール。自身が演じる役柄を“寡黙な男”だと紹介されると「三島監督はとにかく私を寡黙な役にしてしまう。撮影は景色や料理と同じくらい、私の顔にもこだわってくれて、自分史上キレイに撮ってくれた作品と言っていいでしょう。自己ベストは出したと思います(笑)」と自信を示した。

そんな大泉に対して、安藤も「普段知られざる大泉さんのイケメンぶりを見ることができる」と太鼓判。「絵本のように可愛らしい映像なんですけど、その中で優しい人間関係が静かに進んでいく。大きな起承転結はないかもしれませんが、大人のほろ苦い気持ちを優しく包んでくれる作品」と見どころを語った。

また、三島監督は「こだわったのは色。それと湯気とかバターの溶け方、ワインの注ぎ方といった動きですね。そもそも食材が美味しそうなので、それを生かしたお料理を考えて、食材がいかに美味しいかを伝えられるように撮っていた」ともうひとりの主人公である“料理”へのこだわりを明かした。

『ぶどうのなみだ』
10月11日(土)から全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング