ソフトバンクモバイル、ソニーモバイルの「Xperia Z3」を発売へ

2014.10.1 18:4配信
Xperia Z3(ホワイト)

ソフトバンクモバイルは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のAndroid搭載スマートフォン「Xperia Z3」を、11月下旬以降に発売する。

「Xperia Z3」は、約5.2インチのフルHD液晶ディスプレイ「トリルミナス ディスプレイ for mobile」、ソニーのカメラ技術を集結した有効約2070万画素の高性能カメラ、2.5GHzクアッドコアCPUなどを搭載したフラッグシップモデル。

カメラはXperia史上最高感度のISO12800を実現し、暗い場所でもノイズを抑えたきれいな写真を撮影できる。動きながらでもブレずに撮影できる電子式手ブレ補正機能「インテリジェントアクティブモード」などを搭載するなど、機能が充実。音にもこだわり、通常のCDでは再現できない臨場感や空気感まで表現するハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源の再生に加え、音源を圧縮する際に失われる部分を補完し、圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするソニー独自の技術「DSEE HX」を搭載する。また、11月にリリース予定の「PS4 リモートプレイ」機能に対応する。

通信方式は、国内ではFDD-LTE(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、AXGP(2.5GHz)、W-CDMA(900MHz/2.1GHz)に対応する。OSはAndroid 4.4.4(KitKat)。サイズは約幅147.0×高さ73.0×厚さ7.4mmで、重さは約154g。カラーは、ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色。

発売に先立ち、10月2日から予約を受け付ける。また、メーカーのソニーモバイルの主催で、12月15日までに予約して購入するともれなく税別1万円分の「ソニーストアお買い物券」をプレゼントするキャンペーンを実施する。

ソフトバンクがソニーモバイルの「Xperia」ブランドのスマートフォンを取り扱うのは初めて。なお、「Xperia Z3」は、ドコモは「Xperia Z3 SO-01G」、KDDI(au)は「Xperia Z3 SOL26」という型番でそれぞれ販売する。

また、ソフトバンク コマース&サービスは、最新のAndroid Wearを搭載したソニーモバイル製の腕時計型ウェアラブル端末「SmartWatch 3」のホワイトモデル「SmartWatch 3 SWR50/WH」を独占販売する。

「SmartWatch 3 SWR50/WH」は、ホワイトのリストバンドと本体のセットで、ソフトバンクショップ(一部店舗を除く)とSoftBank SELECTION オンラインショップで販売する。価格はオープンで、オンラインショップでの参考価格は2万7000円。このほか、SoftBank SELECTIONでは、ケースや液晶保護フィルムなど、「Xperia Z3」専用アクセサリを順次発売する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング