Profile Passport BASE

ブログウォッチャーは6月15日、フューチャースコープと連携し、商圏分析ツール「Profile Passport BASE」の正式販売を開始した。

ブログウォッチャーが提供する「プロファイルパスポート」の位置情報データを活用し、顧客来店回数・頻度・滞在時間状況や商圏をグラフで可視化するサービス。専用のソフトウェアは必要なく、ブラウザ上直感的に操作できる。

主な機能は、自店舗と他店舗を併用している顧客数を可視化する「併用分析」、人流情報を地図上に可視化する「ヒートマップ」、商圏内の見込み客数と来店数を可視化し、売り上げ予測や外部要因による売り上げの影響を予測可能な「商圏分析」、リピート率・店舗支持率・平均滞在時間・来店頻度をチャート表示する「レーダーチャート」、来店顧客の傾向を可視化する「指定日分析」など。

店舗分析ツールに位置情報データを活用することで、自店舗だけでなくエリア内の他店舗の商圏や来店回数・頻度・滞在時間などのデータを取得可能にした。実証実験では、自店の利用客が平日は勤務先の隣駅で夕方以降に来店し、土日は地元の自店に来店することや、想定した商圏は半径2kmの円状だったが、商圏エリアを東西に分けると東側は幹線道路と大きな川が縦断しているため一切来店しておらず、一方で西側は半径5km先からも来店していることが明らかになった。

すでに「Profile Passport BASE」は1000店舗以上の導入実績があり、今後は店舗を保有する企業での活用拡大を目指す。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます