映画「最強のふたり」(2012年公開/日本公開のフランス語映画歴代興行収入No,1ヒット)の監督・スタッフ陣により製作された、待望の最新作『セラヴィ!』が、7月6日(金)渋谷・シネクイントほかで全国公開。同作は8月に来日公演を開催する世界有数のベーシスト アヴィシャイ・コーエンが初めて映画音楽を担当する。

【チケット情報はこちら】

昨年フランスで公開され、1か月で興収25億円を突破した話題作『セラヴィ!』。そろそろ引退を考えているベテランウェディングプランナーの主人公のもとに、17世紀の城を舞台にした豪華絢爛な結婚式の依頼が舞い込む。いつも通り式を成功させようと、完璧な準備を整えた主人公だが、なんと集まったスタッフたちが全員ポンコツ。チャーミングな人々が巻き起こす遊び心と優しさに満ち溢れた作品。

7月の日本公開に先駆けて、本作の音楽面に迫ったメイキング映像も解禁。映像には劇中のライブシーンや、映像と音楽が見事な融合を見せる本編映像のみならず、コーエンによるレコーディングシーンも収められている。

コーエンは監督との共同作業を振り返り、「彼らが音楽やミュージシャンからどれだけインスパイアされているかを知り、逆に私も彼らにインスパイアされたよ。彼らの仕事を見ていて、それぞれが芸術として成り立っている「映像」と「音楽」を使い、お互いを補完し合うように一緒に作用させる方法や、彼らのものづくりに対しての情熱など、私は沢山のことを学んだ」とコメントを寄せている。

アヴィシャイ・コーエンは、8月26日(日)に東京・紀尾井ホールで「アヴィシャイ・コーエントリオ with 17ストリングス」としての公演を控えている。ライブのチケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます