超庶民的な価格で急増! 人気「もつ肉店」4店の特徴やおすすめを突撃取材

車橋から始まって、宮川橋、関内、杉田などに増え続けている「もつ肉店」。お店ごとの特徴やおススメメニューは何か、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

<横浜のココがキニナル!>
車橋から始まって、宮川橋、関内、杉田などに増え続けている「もつ肉店」。お店ごとの特徴やおススメメニューは何かなど、気になります!(miyukidさんのキニナル)

最近、横浜市中区を中心に増えているとウワサの「もつ肉店」。ちなみに店名は「場所+もつ肉店」となっている。店によって違いはあるの? 各店の関係は? 一体ナゼ増えているのか!? 

まずは「はまれぽ編集部」からもほど近い「関内店から行ってみよう」と思い立つ。
だがしかし! 調べてみると、店に電話がないのか、「電話番号の情報がない」。

・・・これは“必殺・突撃”しかない! と、いうことで「関内店」に突撃!

 

「関内もつ肉店」に突撃!

時刻は午後3時45分。JR関内駅北口から2分ほど歩き、店を探して右往左往していると、それらしき店を発見!

でも看板が見当たらない!
「本当にここでいいの!?」と迷っていると・・・

 

看板があった! よかった・・・

一人で“一喜一憂”している間に時刻は午後4時に。店がオープンしたので中へ。開店直後なので松宮(筆者)が一番ノリ!

壁に貼られたメニューの価格は「大体200円から300円台」。

毎日通える“超庶民的な価格”。いいなあ・・・。

ここで松宮、意を決し取材を申し込むと、店長の井上慎太郎さんが「いいですよ!」とさわやかに答えてくれる。

 

井上さんによると、現在「もつ肉店」は本店の車橋・宮川橋・関内・BENTEN(旧“弁天橋もつ肉店”)・杉田の計5店舗。本店・車橋のオーナーが宮川橋も経営している」とのこと。他店は「すべて車橋で修業した方が独立し、店を作った」そうだ。

関内とBENTENは3人で共同経営。杉田はほかの方が経営している。“本店の味と超リーズナブルな価格”は受け継ぎながらも「店により雰囲気が違う」とのこと。

目の前で焼き上げられる品々を見ることができる「カウンター」は特等席!
午後4時半を過ぎるころには1階は満席に!
 
グループで訪れる時は2階がオススメ!

支払いは前払い制。立ち飲みスタイルの「関内もつ肉店」は“和”の雰囲気が漂う。1人でも入りやすい感じ。客層は男性や女性の1人客から2~3人のグループ客まで。人数が多い時にはテーブルが広い2階がオススメ。

お客さんの年齢層は「若者から60代くらいまで」と幅広い。店のこだわりは「すべてのお客さんに対して平等にする」。そのため、常連色は強くしない。その裏には「1人でも気軽に来れるように」との強い想いがあるから。

 
同じく「本牧出身」という通称“焼き隊長”が登場! お二人で楽しげに働く姿がステキ!

店長の井上さんは本牧出身。もともとは別の仕事をしていたが、本牧の仲間に声をかけられて飲食業界へ。その後、関内店の店長になったんだそう。3年ほど前、関内店を開業したのは、同じ本牧の仲間で現在中区弁天橋にある「BENTEN」の店長を務める「茅野(かやの)さん」とのこと。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント