スマートフォン向けゲームアプリ「パズドラ」を提供するガンホー・オンライン・エンターテイメントは6月27日、「イナズマイレブン」シリーズを手掛けるレベルファイブと共同で開発したスマホ向けゲームアプリ「妖怪ウォッチ ワールド」の配信を開始したと発表した。

「妖怪ウォッチ ワールド」は、スマホの位置情報サービスを利用した“妖怪探索位置ゲーム”。「妖怪ウォッチ」の世界が3Dマップ上で現実世界と融合し、日本全国に放たれた妖怪たちをAR機能で見つけ、GPS機能を使って集めることができる。「Google Maps Platform」の最新技術を採用しており、従来の位置情報ゲームよりもさらに立体的でリアルなマップを実現した。

また、自分が手に入れた妖怪を他のプレイヤーに預けて、全国各地の妖怪を連れて帰ってきてもらう「取り憑け(ヒョーイ)」機能を搭載。遠方へ足を運べないユーザーも、全国各地の妖怪に出会うことができる。このほか、強力な妖怪とのバトルが楽しめる降臨ボスイベントなど、さまざまなゲーム内イベントも用意している。

今後は、ファミリーマートやNTTドコモとの異業種コラボレーションや、ガンホーの人気コンテンツ「パズル&ドラゴンズ」とのコラボレーションも予定しているという。プレイは基本無料で、ゲーム内課金がある。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます