東方神起ら「SMTOWN」味スタ2daysに12万人大熱狂

2014.10.6 10:40配信

東方神起などが所属する韓国の事務所「SMエンターテインメント」のアーティストが一堂に会す音楽フェス「SMTOWN LIVE WORLD TOUR」の東京公演が10月4日と5日、東京・調布の味の素スタジアムで開催され、豪華アーティストの共演に12万人が酔いしれた。

東方神起 東方神起

東方神起などが所属する韓国の事務所「SMエンターテインメント」のアーティストが一堂に会す音楽フェス「SMTOWN LIVE WORLD TOUR」の東京公演が10月4日と5日、東京・調布の味の素スタジアムで開催され、豪華アーティストの共演に12万人が酔いしれた。

この記事の完全版と写真を見る

同ライブの特徴のひとつは、スペシャルなコラボレーション。ティファニー(少女時代)とキー(SHINee)、ソヒョン(少女時代)とエンバ(f(x))など、前半から様々なコラボが次々と披露された。その中でもとびきり客席に笑顔をもたらしたのがチャンミン(東方神起)、キュヒョン(SUPER JUNIOR)、ミンホ(SHINee)による、ゆずの『いちご』。昨年のライブでは、チャンミンとキュヒョンだけだったが、今年はミンホも参加。「やっと3人の完全体になりましたね」(チャンミン)とノリノリの3人は、いちごのかぶりものでユーモラスなステージを展開し、ファンを喜ばせた。

後半ではテミン(SHINee)とカイ(EXO)がクールなダンス曲で6万人の目を釘づけに。さらに、ディオ(EXO)、チャンミン(東方神起)、テミン(SHINee)、ジェヒョン(SMROOKIES)がピースフルなナンバーで客席を癒したり、ウニョク(SUPER JUNIOR)、カイ、セフン、レイ(EXO)、ヒョヨン(少女時代)、ルナ(f(x))がそれぞれの個性を生かしたダンスパフォーマンスを見せたりとバラエティに富んだ内容で会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

アーティストそれぞれのステージも圧巻の出来だった。少女時代の『PAPARAZZI』や『Gee』、SHINeeの『LUCIFER』、f(x)の『Hot Summer』など、お馴染みのヒット曲が畳み掛けるように繰り出され、6万人はヒートアップ。BoAは、『Only One』でカップルダンスをレイ(5日はセフン、ともにEXO)と踊り、深みを増した歌唱力とスキルの高いダンスで客席を魅了。

また、11月と12月に日本での初単独ライブが決定したEXOが、今の勢いをそのまま表すようなパワフルなパフォーマンスを見せれば、やはり10月と12月に日本で単独ライブを行うSUPER JUNIORも負けじとライブでは欠かせないナンバーで6万人を沸かせる。

トリを飾ったのは、約3年間のツアーで200万人を動員するという海外アーティスト史上最速の記録を達成し、今や日本の音楽界でも不動の地位を築いた東方神起。前半の登場から『ウィーアー!』『Somebody To Love』という定番のナンバーで盛り上げたふたりは、大ヒット曲『Rising Sun』や『Why? [Keep Your Head Down]』『Something』など圧巻のダンスパフォーマンスで客席を魅了。最後は、『Catch Me -If you wanna-』でパワフルに締めくくり、さすがの存在感を感じさせた。

なお、同ライブは全国の劇場にも生中継され、劇場では2日で10万人を動員した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング