ドコモ、iPhoneで「おサイフケータイ」が使えるデバイス「おサイフケータイ ジャケット01」

2014.10.6 17:40配信
おサイフケータイ ジャケット01

NTTドコモは、iPhoneに装着して「おサイフケータイ」の各種サービスが利用できるデバイス「おサイフケータイ ジャケット01」を開発した。全国のドコモ取扱い店、ドコモオンラインショップで10月下旬に発売する。

モバイルFeliCa ICチップを搭載するデバイス。対応ケースに格納し、iPhoneに装着する。対応機種は、iPhone 6/6 Plus/5s/5c、iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデルで、対応OSはiOS 7.1以上。対応ケースは、iPhone 6、iPhone 5s向けに発売する予定。

対応アプリ「おサイフリンク」をインストールした端末とBluetoothで接続することで、「iD」をはじめとする電子マネーや、各種ポイントサービス、飛行機の搭乗券など、複数の「おサイフケータイ」対応サービスを登録・利用できる。

独立したデバイスなので、機種変更した場合も対応ケースを交換することで、データの移行手続きなしで「おサイフケータイ」を継続して利用できる。150mAhのリチウムイオン電池を内蔵し、約2か月半連続して動作する。電池残量は3段階のLED表示で確認できる。高さ約86.0×幅51.0×厚さ4.2mmで、重さは約22g。

サービスは、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進むことができる全日本空輸の「スキップサービス」と、ヨドバシカメラの「ゴールドポイントカード」が10月下旬、ドコモ「iD」が12月、ジェーシービーの「QUICPay」が年度内に対応する予定。楽天Edyの「楽天Edy」、ローソンの「ローソンモバイルPonta」にも対応する予定だが、時期は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング