6月27日、『ワンピース音宴(おとうたげ) イーストブルー編』の製作発表が開かれた。『ONE PIECE』をテーマに、日米総勢35名が管楽器とパーカッションで魅せる“未踏のブラス・エンターテインメント”とは一体何なのか。

【チケット情報はこちら】

開幕からブラスバンドの演奏が始まり、応援サポーターの山里亮太(南海キャンディーズ)は「いきなりテンション上がりました。特にイーストブルー編ということで、あの名シーンがどう再現されるのか、期待しかないです」、小学生の時にブラスバンドでトランペットをやっていた平祐奈は「今の演奏を聴いて、夏が来た!と思いました」と大喜び。折しもサッカーW杯で日本対セネガルの試合後、両国のサポーターが『ウィーアー!』を日本語で歌った映像が話題に。その映像が流れると「世界中で伝わるんですよ。仲間がテーマですから!」と山里は興奮冷めやらぬ様子だった。

意気込みを聞かれて、演出・構成・振付の金谷かほりは「世界初、『ONE PIECE』のキャラクターとブラスが共演して、皆さんに素晴らしい夏をお届けします!涙と笑いのあるあの有名シーンを、演奏者が登場人物になりながら演奏します。観客の皆さんの近くに行っての演奏もありますから、ステージと客席が一体に!」、音楽監督の田中公平は「20年前に書いた『ウィーアー!』が、世界中に広まっているのが嬉しいです。今回は電気楽器を使わず、ブラスとドラム・パーカッションだけで生の音色をお楽しみいただきます。1幕はイーストブルー編の名シーンを再現。2幕は『ウィーアー!』をはじめ、Mr. Children、安室奈美恵、東方神起などが歌った名ナンバーが続々と、まさに宴!人間が汗を流して演奏する姿を体感できます。上手くいったら海外ツアー!」と語った。

平が「初心者でも楽しめますか」と訊ねると、金谷は「演奏の迫力と舞台の素晴らしさで楽しめます。絶対『ONE PIECE』を見たくなるはず」、山里は「初めての人はこれを入り口に、アニメや漫画を体験できる。僕らが味わってきた喜怒哀楽をこれから味わえるのは幸せ!」と熱烈ファンらしい答え。原作者の尾田栄一郎からは「ご一緒に新感覚の“宴”をどっぷりと体感しましょう」などのメッセージが届いた。

ルフィー、ゾロ、ウソップ、サンジ、ナミ役の紹介の後、パフォーマンスの一部を初披露。海兵の扮装をした演奏者による華やかな生演奏と、ハイタッチしまくるルフィー、平にラブラブのサンジなどアニメそのもののキャラクターたちに思わず釘付け!素敵なステージを予感させた。

質疑応答では、人気パフォーマーの石川直が登場。「世界観を崩さないよう、音と動きを作りたい。登場のシーンで必ず出てくる“ドン!”や走る音、打つ音など、擬音や効果音を演奏で出すことにチャレンジ中。面白いことになりそうです」と抱負を語った。どうやら熱い夏に負けない、最高の2時間が期待できそうだ。

ワンピース音宴 イーストブルー編は8月12日(日)から9月2日(日)まで、東京都・東京国際フォーラム ホールCにて。

取材・文:三浦真紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます