子どもがすり傷自慢! 超ワイルド保育「鎌倉太郎」に学ぶ、本当の"外遊び"とは

神奈川件・鎌倉で、子どもたちの“外遊び体験活動”を行っている「鎌倉太郎」。子どもの自由を尊重し、多少の擦り傷はむしろ自慢に! その人気の秘密を探るべく、密着取材を行いました。


ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
鎌倉市の「鎌倉太郎」。子供を預かり、外で遊ばせてくれて、外遊びを通じて有意義な時間を過ごす。体験した子どもたちはイキイキと良い表情!是非、密着してほしいです(pandaさんのキニナル)
 

「カメラも濡れるかもしれませんけど、防水のカメラあります?」

子どもたちが「思い切り外遊び」とはすばらしい! 先日の取材でも「神奈川県の子どもたちの体力低下は、外遊びの機会が減ってしまったからではないか?」という話を聞いたばかり。

「鎌倉太郎」のホームページを見てみると、かなり元気の良さそうな男性が子どもたちと海で遊んでいる写真が載っている。キニナル投稿にあるように、子どもたちは皆良い表情で写っていて、楽しそうだ。

早速取材の依頼をすると快諾してくれ、「1日密着って感じですか? 岩場を登って、プライベートビーチに行ったりしますけど、濡れても大丈夫ですか?」とのこと。いや、濡れたくないし大丈夫じゃないけど・・・と心の中でつぶやいていると、さらに「カメラも濡れるかもしれませんけど、防水のカメラあります?」との質問。

防水カメラなど持っていないし、自前のカメラが壊れたら本当に困るので、ここは編集部のカメラを酷使することにし、編集部・松山氏にカメラマンを頼むことにした。
 

鎌倉太郎って一体どんな人?

取材当日は、JR鎌倉駅前で待ち合わせ。
「目立ちますので、すぐ分かると思いますよ」との事前情報通り、駅前でかなりの存在感を発揮していた「鎌倉太郎」さん。

 

元気いっぱいの“お父さん”という感じ 
拡大画像表示

「鎌倉太郎」こと、山田肇(はじめ)さん(41歳)。鎌倉市在住で、現在は4人の子どもがいるお父さんだそう。

はじめに、現在の鎌倉太郎の活動内容について伺った。

現在は「子どもを預かって、育児をサポートする」というコンセプトのもと、個人で活動中。

1日子どもを預かって思いっ切り外で遊ぶ。そして、その間に親は育児から離れて、リフレッシュの時間にしてもらう、ということを目的にしている。

子どもたちが参加するイベントは、鎌倉の海遊びを中心に、川へ釣りに行ったり、山へ行ったり。1泊2日のキャンプ企画もあるそう。

夏休みには、栃木県まで川遊びに行くイベントを実施。

 

今年の8月に行われた川遊びイベントの様子(鎌倉太郎HPより) 拡大画像表示

きっかけは、自身の子育て体験から始まったそう。

共働きで4人の子どもを育てているという山田さん。夫婦で忙しい毎日だが、休みの日には奥さんに少しでも休んでもらうために、自分が子どもたちを連れて遊びに出かける必要性を感じていた。そのため週末には、よく子どもたちと公園へ遊びに行ったりしていたそう。

山田さんが、自分の子どもと一緒に遊んでいると、いつの間にか公園に遊びに来ていた子どもたちも仲間に入り、気付いたら大勢で遊んでいた、ということが多くあった。

まわりにいるお父さんたちからは「子どもと遊ぶのは仕事より大変」という声を聞いたり、遊んでいる子どもをベンチからただ見ているだけのお父さんを見かけたりしていた。

 

子どもたちは体力の限界まで遊ぶ!(鎌倉太郎HPより) 拡大画像表示

当時は「なぜあのお父さんは一緒に遊ばないのだろうか?」と疑問に思ったりしたそうだ。しかし、そのうちにお父さんたちにとって、子どもと遊ぶということに「向き不向きがあるんだな」と感じ、「自分は得意分野なんだ」と気づいた。

そして、3~4年ほど前から自分の仕事が休みの日に「子どもたちと遊ぶ」という活動が始まる。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント