世代を超えて高い支持!『ALWAYS 三丁目の夕日』新作が満足度首位

2012.1.23 14:47配信
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』

「ぴあ」調査による1月21日公開の映画・満足度ランキングは、過去2作が大ヒットを記録したシリーズ第3弾『ALWAYS 三丁目の夕日’64』がトップに輝いた。2位に2大ヒーローが世紀を越えて激突する『海賊戦隊ゴーカイジャー VS 宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が、3位にローワン・アトキンソン主演のコメディ作品『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』が入った。

その他の写真

1位の『ALWAYS…』は、シリーズ初となる3Dで、東京五輪が開催された昭和39年を舞台に夕日町三丁目の住人のその後を描いた人間ドラマ。出口調査では「笑いあり涙ありの感動作」「前2作を振り返る回想シーンが特に感動的で泣けた」「キャストが同じなので子どもたちの成長が観れてよかった」「若者が観ても、年配者が観ても楽しめる作品、日本映画史に残る1本」「この時代の雰囲気を今の日本に取り戻してほしいと思った」「家族っていいな、と実家に帰りたくなった」など、10代から80代までの世代を越えて高い満足度を獲得。また3D版を観た観客からは「東京タワーが立体的に観えて驚いた」「奥行きも感じさせるが、前に飛び出て来るような映像だった」と好評だった。

2位の『海賊戦隊…』は、ゴーカイジャーが30年ぶりの復活となる宇宙刑事ギャバンと共演する最新作。アンケート調査では、「設定を120%活かした演出に満足。アナログでもデジタルでも心に響く作品は変わらない」「思い入れがあるので今の技術で作り直されたギャバンに興奮した」「大葉健二は昔と変わらず、カッコよくてアクションが見どころ」などの声が挙がり、ちびっこも40代も同じように熱くコメントする姿が見られた。

(本ランキングは、2012年1月21日(土)に公開された新作映画12本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング