ライカ、軽量・コンパクトなプレミアムカメラ「ライカX-E」を発売

2014.10.8 18:3配信
ライカX-E

ライカカメラジャパンは、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「ライカX シリーズ」の新製品として、最高の素材を用いてていねいに仕上げた軽量・コンパクトな「ライカX-E」を、10月11日に発売する。税込み価格は23万6520円。

35mm判換算で35mm相当の「ライカ エルマリート f2.8/24mm ASPH.」レンズを搭載し、“ライカらしさ”をすべて備えた「Made in Germany」のデジタルカメラ。2012年5月発売の「ライカX2」をベースに、外観を一新した。撮像素子は有効画素数1620万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサで、大型センサと高性能単焦点レンズとの相乗効果によって、最高の画質を実現する。

人間工学にもとづいて使いやすさを高めながら、コンパクトでエレガントなボディを実現。フルメタル製で、軽量ながらも堅牢性にすぐれるなど、最高の素材を用いて細部までこだわってつくり込んだ。手にしたときの感触が心地よく、ライカの名にふさわしい仕上がりだ。サイズは、幅124.0×高さ69.0×奥行き51.5mmで、重さは約345g。液晶サイズは2.7型。

操作性はシンプルで、わかりやすい。多彩なオート機能とさまざまな状況に対応するマニュアル機能を搭載。オート機能とマニュアル機能の切替えが簡単にできるので、どんなシーンでも、構図づくりやシャッターを切るタイミングに集中して撮影を楽しめる。オートフォーカスは、高速・高精度で静音性にすぐれ、撮りたいと思った瞬間にすばやく反応する。

画像は、JPEG形式のほか、RAW形式の一つであるDNG(Adobe Digital Negative」形式でも記録できる。DNG形式で記録すれば、撮影後にさまざまなパラメータを調整して、イメージ通りの画像に現像することができる。ホームページでユーザー登録後、RAWデータの現像に最適なプロ仕様の画像編集ソフト「Adobe Photoshop Lightroom」(Windows/Mac OS X対応)を無償でダウンロードできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング