子どものすり傷、切り傷、やけどの手当て、皆さんどうしていますか? 今は「消毒をしない、乾かさない、ガーゼをあてない」治療が、ヒフに優しく、痛くなく、痕を残さないと注目されています。

ケガややけどをすると傷口がジクジクしますが、これは、体液が傷を治そうとしている証。そこを乾燥させてしまうと、自然治癒力を低下させることになります。

いっぽう、消毒液は雑菌を消毒すると同時に、じつはヒフにも大きなダメージを与えていたのです。では、早速「傷ややけど」の正しい対処法について見ていきましょう。
 

傷には「ばんそうこう」ではなく「創傷被覆材」を

まず、流水で土や砂を水道水で洗い流してください。消毒よりも十分に汚れを洗い流すことのほうが大切です。じゅうぶんに洗浄すれば、消毒は必要ありません。

おそらく出血しているでしょうから清潔な布で圧迫して止血してください。15分も圧迫すれば大抵の出血は止血できます。それでも血が止まらない場合は病院へ行きましょう。

止血ができたら薬局やドラッグストアーで「創傷被覆材(そうしょうひふくざい)」を購入し、傷口を覆ってください。救急ばんそうこうと似ていますが傷口の環境を適度な湿度に保ち、早くきれいに直す作用があります。少し値段は高いですが、その価値はあります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます