リコー、Wi-Fi内蔵の「RICOH WG-30W」など水深12mで撮影できるコンパクトデジタルカメラ

2014.10.10 13:21配信
RICOH WG-30

リコーイメージングは、水中撮影ができるコンパクトデジタルカメラで、Wi-Fi内蔵の「RICOH WG-30W」とWi-Fi機能をもたない「RICOH WG-30」の2機種を、10月下旬から順次発売する。

水深12mでの水中撮影に対応するIPX8相当の防水性能、IP6X相当の防じん性能、高さ1.5mからの耐落下衝撃性能、マイナス10℃までの耐寒構造、100kgfまでの重さに耐える耐荷重構造などで、アウトドア環境下での使いやすさと信頼性を高めたコンパクトデジタルカメラ。

35ミリ判換算で約28~140mm相当の光学5倍ズームレンズを搭載し、最短1cmまでの近接撮影から広大な風景まで、さまざまな撮影シーンを幅広くカバーする。

有効約1600万画素の最新の裏面照射型CMOSイメージセンサと新型の画像処理エンジンを採用。最高ISO感度6400の高感度で、夜景や屋内スポーツなど、光量の限られた場所でもノイズを抑えたクリアな画像を撮影できる。フルHDサイズの動画撮影にも対応した。

「WG-30W」には、Wi-Fi機能を内蔵し、スマートフォンでシャッターを切るなどのリモート撮影や各種機能設定が可能。さらに、撮影した静止画や動画をスマートフォンで閲覧・保存できる。簡単にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などにアップロードし、共有して楽しめる。「WG-30」は、Wi-Fi機能のないモデル。

液晶モニタは2.7型。外光の反射を抑えて映り込みを軽減するAR(Anti-Reflection)コートを施し、日差しの強い屋外でも明るく見やすい。記録媒体は、約68MBの内蔵メモリと、SD/SDHC/SDXCカード、Eye-Fiカード。

サイズは、幅約122.5×高さ61.5×厚さ29.5mmで、重さは「WG-30W」が約194g、「WG-30」が約192g。カラーは、「WG-30W」がカーボングレーとフレームオレンジ、「WG-30」がエボニーブラックとバーミリオンレッド。

価格はオープン。税別実勢価格は、「WG-30W」が3万2500円前後で12月に発売、「WG-30」が2万7500円前後で10月下旬に発売する。このほか、本体を傷や汚れから守る迷彩柄のプロテクタージャケット「O-CC1572」を近日発売する。税別価格は2500円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング