キヤノンITS、「ESET Smart Security V8.0」のWindows用プログラム新バージョンのモニター版を提供

2014.10.10 17:6配信
「ESET Smart Security」設定画面(イメージ)

キヤノンITソリューションズは、「ESET ファミリー セキュリティ」など、個人向けのESETセキュリティソフトウェア製品に含まれるWindows用プログラム「ESET Smart Security」の新バージョン「ESET Smart Security V8.0」のモニター版プログラムの提供を開始した。

「ESET Smart Security」は、Windows、Mac OS X、Android端末合わせて5台まで利用できる総合セキュリティソフト「ESET ファミリー セキュリティ」など、ESETセキュリティソフトウェア製品に含まれるWindows用プログラム。ウイルス・スパイウェア対策、フィッシング対策に加え、不正侵入、迷惑メール、有害サイトアクセス対策などの幅広いセキュリティ対策機能を搭載する。

新バージョン「ESET Smart Security V8.0」は、さらに検出力を向上させるために新技術を採用し、マルウェアの一種であるボットを通信の解析で検出する「ボットネット プロテクション」機能を追加した。また、アプリケーションの脆弱性を突く攻撃を防御する「エクスプロイト ブロッカー」機能を強化し、新たにJavaに対応した。

「ESET Smart Security V8.0」モニター版プログラムの対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista/XP/XP Professional x64 Edition。なお、Windows 7/8/8.1の各Enterprise版とWindows RTシリーズには対応していない。

モニター版プログラムの提供期間は、10月9日から11月6日で、評価レポートの受付期間は、10月9日から11月16日。プログラム利用期限は12月24日。モニター版プログラムを利用し、受付期限までに評価レポートを提出した人のなかから抽選で100名に、「ESET ファミリー セキュリティ」1年間使用権をプレゼントする。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング