レノボ、「Yogaシリーズ」の最上位モデル、薄く軽くなった「YOGA 3 Pro」

2014.10.10 20:19配信
YOGA 3 Pro

レノボ・ジャパンは、10月10日、液晶が360°回転し、四つのスタイルに変形するノートPC「Yogaシリーズ」の新モデル「YOGA 3 Pro」を、11月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、税別実勢価格は21万500円前後の見込み。

「Yogaシリーズ」は、液晶が360°回転することで「ノートブックモード」「スタンドモード」「テントモード」「タブレットモード」と、使い方に合わせて四つのスタイルに変形するノートPC。

新モデルの「YOGA 3 Pro」は、「Yogaシリーズ」で最薄の12.8mm、最軽量の1.19kgを実現。CPUはインテルのCore M-70、ストレージは512GBのSSDを搭載し、基本性能を強化した。約8時間駆動する長時間バッテリを内蔵する。OSはWindows 8.1 update。

強化ポイントは基本性能だけではない。液晶が360°回転する「Yogaシリーズ」の生命線ともいえるヒンジ部分を改良した。これまでは2軸ヒンジを採用していたが、新たに6軸ヒンジを採用。開け閉めの動作を滑らかにしたほか、「スタンドモード」でタッチ使用した際の画面のぐらつきを抑え、より快適な使用感を実現した。

液晶は、3200×1800の超高解像度のQHD+のIPS液晶を採用。映像や写真を高精細に映し出す。また、10点のマルチタッチに対応する液晶パネルは、衝撃や傷に強く、高い強度をもつコーニングのゴリラガラス NBTを採用。持ち歩き際の落下やバッグのなかでの圧迫など、外部からの衝撃や擦れに対して高い耐久性を備える。このほか、JBL ステレオスピーカーを搭載し、高音質のサウンドが楽しめる。

カラーはクレメンタインオレンジとプラチナシルバーに加え、エレガントなシャンパンゴールドを追加し、3色で展開する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング