B・ピット主演『フューリー』メイキング映像が公開

2014.10.14 16:55配信
『フューリー』(C)Norman Licensing, LLC 2014

ブラッド・ピット主演作『フューリー』が11月28日(金)より公開されるのに先駆けてメイキング映像が公開された。第二次世界大戦下たった1台の戦車で、ドイツ軍を相手に戦った5人の兵士たちの絆を描いた本作には、映画史上初となる実走するティガー戦車が登場する。このほど公開されたメイキング映像には、ティガー戦車を撮影するという歴史的な瞬間がとらえられている。

ブラッド・ピット主演作『フューリー』メイキング映像

『フューリー』は、第二次世界大戦下、ドイツ進軍中の攻撃で他の部隊がほぼ全滅していく中で、残った5人の兵士が、生きて故郷に帰るため、たった1台の戦車で300人ものドイツ軍を相手に、死をも意味する過酷なミッションを遂行していく姿を描いた作品。ピットが、“激しい怒り”を意味するフューリーと名づけたシャーマン戦車に乗るチームリーダー、ウォーダディーを演じ、『エンド・オブ・ウォッチ』『サボタージュ』など、臨場感あるアクション描写に定評のあるデヴィッド・エアーが監督を務めた。

劇中、ピット演じるウォーダディーと4人の兵士たちは、ドイツ軍を相手にさまざまなミッションに身を投じていくが、そのひとつに、アメリカ軍が開発したM4中戦車 シャーマンと、ドイツ軍が開発したティーガー戦車との闘いがある。本作では、徹底したリアリティを追求するデヴィッド・エアー監督と製作陣の熱意によって、本物のシャーマン戦車とティーガー戦車を使って撮影が慣行されており、メイキング映像では、現存する第二次大戦当時のティガー戦車が実走する姿に「ティガー戦車が走行するなんて歴史的な瞬間だ」(エアー監督)、「ティガー戦車が映画に残ることが最も重要だった」(戦車博物館/デヴィッド・ウィリー)と、監督・製作陣や関係者らがコメントしている。

さらに製作陣は「圧倒的優位を誇る1台のティガー戦車に対して、連合軍のアメリカ製シャーマン戦車が4~5台で対抗する必要があった。結果として、連合軍のシャーマン戦車は約50000台生産されたのに対し、ティーガー戦車は約1500台だった」と解説する。メイキング映像の冒頭で、ティガー戦車の攻撃を受けたウォーダディーが「ティガーだ! 逃げるぞ」と仲間に指令を出すのは、シャーマン戦車で敵戦車を撃退するためには、最短距離まで近づいて、最も弱い部分に狙いを定めない限り勝機は見いだせないからだ。勝機がなければ、逃げるしかない。当時、世界最強と言われていた“怪物”ティーガー戦車を相手に、ウォーダディーら5人の兵士たちはどのような戦いを挑んだのか? 戦車をめぐる攻防を徹底的にリサーチしたエアー監督と製作チームが、本物の戦車を使って描く戦争アクション『フューリー』は11月28日(金)より公開される。

『フューリー』
11月28日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング