東芝、BDレコーダー「DBR-T560」など4機種、テレビ/スマートフォンなどとの連携を強化

2014.10.15 19:41配信
上段左から「DBR-T560」「DBR-T550」、下段左から「DBR-Z520」「DBR-Z510」

東芝は、BD(ブルーレイディスク)レコーダーの新製品として、好みのチャンネルをまるごと録画してさかのぼって視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載し、3番組の同時録画に対応した「DBR-T560」と「DBR-T550」の2機種を11月中旬に、2番組の同時録画に対応した「DBR-Z520」と「DBR-Z510」の2機種を10月24日に発売する。

録画データをバックアップするSeeQVault対応HDDに対応し、録りためた録画番組をバックアップできる。また、SeeQVaultに対応した東芝の新機種に買い替えた場合でも、HDDを移行先のレコーダーにつなぎ替えるだけで簡単に録画データを引っ越すことができる。

外出先でタイムシフト録画番組をはじめとする録画番組を視聴できる「おでかけいつでも視聴」にも対応し、外出先からインターネット経由で、スマートフォン/タブレット端末や東芝製PCを使って、タイムシフト録画番組や録画番組を楽しめる。

番組表などの表示速度や操作レスポンスを向上し、さらに快適な操作性を実現。録画番組のジャンルによる自動分類や多彩な編集機能など、レコーダーとしての基本性能を向上した。さらに、チャンネル受信状態やドライブ状態などを確認できる「自己診断モード」を搭載する。

「DBR-T560」と「DBR-T550」は、地上/BS/110°CSデジタル放送3チャンネル分を同時録画することができ、最大3チャンネル分を「タイムシフトマシン」録画用に設定することで、自由に録画スタイルを選択できる。

従来の「レグザサーバー」や、「タイムシフトマシン」機能を備えた液晶テレビ「レグザ」の過去番組表を統合表示する「タイムシフトリンク」に対応し、最大11チャンネル分の過去番組表の1画面表示を実現している。

「DBR-T560」は2TBのHDDを搭載。価格はオープンで、税別の実勢価格は10万円前後の見込み。「DBR-T550」は1TBのHDDを搭載。価格はオープンで、税別の実勢価格は8万5000円前後の見込み。

「DBR-Z520」は1TBのHDDを搭載。価格はオープンで、税別の実勢価格は7万円前後の見込み。「DBR-Z510」は500GBのHDDを搭載。価格はオープンで、税別の実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング