NEC、Android搭載の8インチタブレット端末「LaVie Tab S」、シリーズ初のSIMフリーモデルをラインアップ

2014.10.15 20:9配信
PC・タブレット端末の2014年秋冬モデル

NECパーソナルコンピュータは、10月15日、PCとタブレット端末の2014年秋冬モデルを発表した。デスクトップPCからタブレット端末まで、10タイプ39モデルで、新モデルとして、モバイル用途に特化したAndroid搭載の8インチタブレット端末「LaVie Tab S」や2 in 1モバイルPC「LaVie U」を追加した。

発表会で、取締役執行役員の留目真伸常務は「国内でNECが高いシェアを獲得しているのは、最新のテクノロジーをモデルチェンジのたびにすべてのモデルに搭載し、ソフトウェアも含めてユーザーの『ほしい』をとことん追求した結果だ」とユーザーから支持を集める理由を説明。また、「PCシェアに呼応するかたちで、Androidタブレット端末のシェアも順調に拡大している」とタブレット端末分野での成長についても述べ、「まだ普及しきっているとはいえないタブレット端末を、より簡単に、安心して利用していただけるように、多彩なラインアップと充実のサポートを用意した」と、タブレット端末の2014年秋冬モデルを紹介した。

「Lavie Tab S」は、WUXGA(1900×1200)IPS液晶を採用した8型Androidタブレット端末。重さ305g(「TS708/T1W」は310g)と軽いきょう体にデュアルチャンネル2GBメモリを搭載し、高いパフォーマンスと快適な使い心地を実現する。設定から使用方法まで手厚くサポートするガイドブックや解説動画、無料電話サポートを提供し、タブレット端末初心者でも安心して使うことができる。

タブレット端末の使用用途がわからないユーザーのために、電子書籍アプリ「ebiReader」やOfficeファイルを閲覧・編集できるアプリ「WPS Office for Android」「KINGSOFT Office for Android」をプリインストール。購入してすぐに活用できるように配慮した。

CPUはAtomZ3745で、ストレージ容量は16GB。バッテリ駆動時間は約8時間。サイズは幅123.8×高さ7.9×奥行き209.8mm。価格はオープンで、実勢価格は無線LANモデル「TS508/T1W」が3万2800円前後、シリーズ初のSIMフリーモデル「TS708/T1W」が3万9800円前後の見込み。「TS508/T1W」は12月上旬に、「TS708/T1W」は12月下旬に発売する。

Windowsタブレット端末の「LaVie Tab W」からは、8型ワイドWUXGA液晶パネル(1920×1200ドット)を採用したスリムなモデルが登場。Windowsストアで提供するアプリ「NEC PCアシスト」を利用すれば、電子マニュアルや活用情報、サポート案内に手軽にアクセスすることができる。

CPUはAtomZ3745で、メモリは2GB、ストレージは64GB。価格はオープンで、「TW710/T1S」の実勢価格は7万6800円前後、キーボードが付属する「TW710/T2S」は8万9800円前後の見込み。10月23日に発売する。

・同時に発表したデスクトップPC、ノートPCの詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング