ファストパスを発券する際の注意事項

©Disney

(4)次の発券までの時間は「常に2時間」ではない!

多くの方が、ファストパスは「2時間経過しないと、次のパスが発券できない」と理解していると思います。しかしながら、そうではない場合もあるのです。

それは朝早い時間帯。その日の混雑具合やゲスト数によっても変わってくるのですが、パークが開園して間もなくの時間帯は、「次のファストパスが取れるようになるまでの時間が短い」のです。

例えば、朝一番でパークに入園し、8時5分に最初のファストパスを取ります。

その際、次の発券可能時間が8時40分くらいになっている事が多くあります(ただ、これは開園して間もない時間だけで、すぐに2時間程度の時間になります)。

短い時間で発券可能なら、最初の発券後、他のアトラクションにスタンバイ、そして終わった頃には次の発券も可能…となり、人気アトラクションを、1時間位で3つ程クリアする事も可能になります。

早めの来園はこんなメリットもあるのですね。

 

©Disney

(5)リターンタイムを考えて取る!

せっかく取ったファストパスですが、アトラクションやレストランに並んでいて遅れてしまったら…? もちろんルールとしては、表示の時間内に行く事が鉄則です。これは当然の事。

そんな中、これまでは多少の遅れは入れてもらえるケースもありました。

ただ、最近はそのリターンタイムについて、券面記載の時間でないと無効になる事が明確になりました。

発券する際には、レストランの予約や帰りの時間、特に忘れやすい当選したショーの時間などに注意して、発券するようにしましょう。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます