幸四郎、染五郎の弁慶初役に「夢がかなった」

2014.10.17 21:10配信
会見より。左から、市川染五郎、松本幸四郎 会見より。左から、市川染五郎、松本幸四郎

松本幸四郎と市川染五郎が10月17日、東京・歌舞伎座の11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」の記者会見に登場した。

「吉例顔見世大歌舞伎」チケット情報

公演は幸四郎の父・初代松本白鸚の三十三回忌追善興行。幸四郎は『熊谷陣屋』熊谷次郎直実、孫の染五郎は『勧進帳』弁慶など、高麗屋縁の演目に出演。染五郎の弁慶は満を持しての初役だ。

染五郎の弁慶について、幸四郎は「歌舞伎役者として一人前になるには手に職をつけること、手に芸をつけること。昨今の息子の舞台を見ていると、いい役者っぷり、職人になってきた。大役をやるにはいい時期だと思う」と太鼓判を押しながら「この日が来るのを夢見ていた。息子が夢をかなえてくれた」と感慨深げに話した。一方染五郎は「1歳ぐらいの時に弁慶の飛六方をしている写真があって、その頃からもう憧れを抱いていたんだと思う。夢がかなって、たくさん泣きました。どういう勧進帳をお見せするか。高麗屋の人間なんだと思っていただけるような勧進帳ができたら」と意気込みを話した。

公演は11月1日(土)から25日(火)まで。チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング