アメリカのディズニーリゾートで新スマホアプリ「Play Disney Parks」の提供が2018年6月30日よりスタートしました。

「プレイ・ディズニーパークス」というタイトルの通り、パークで遊べる新アプリの内容を現地からレポートします。

米ディズニーリゾートで遊べる新アプリ

カリフォルニア ディズニーランド・リゾート(DLR)とフロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)にて提供が始まった新アプリ「Play Disney Parks」。

このアプリは、アトラクションの待ち時間にゲームをしたり、Apple Musicでパークの音楽を聴くことができたりといったアクティビティが楽しめるアプリです。

ゲームなどの一部機能はスマートフォンの位置情報をもとに現地でのみプレイが可能になっています。

音楽やトリビアクイズはエリア外からでも楽しめます。

可愛いイラストマップでパークを散策

アプリを開くと、可愛いデザインのパークマップが出てきます。

星マークのアトラクションに行くと、アトラクションのステッカーをゲットできます。

スマホGPSのほか、ウォルト・ディズニー・ワールドではMagicBandやファストパス+の入場記録も用いているようで、アトラクション周辺でアプリを開かずとも乗車しただけでステッカーを獲得できました。

獲得履歴はディズニーアカウントで管理されています。

パーク全体をスタンプラリーのようにして、様々なアトラクションを巡ってステッカーをコレクションする楽しみが加わりました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます