パイオニア、端子・ケーブルのバンパーパーツが交換できるポータブルヘッドホンアンプ「XPA-700」

2014.10.20 18:28配信
XPA-700

パイオニアは、接続機器の端子やケーブルを保護するパーツの交換ができるDSD 5.6 MHz・PCM 384 kHz/32 bit対応ポータブルヘッドホンアンプ「XPA-700」を11月下旬に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は5万7000円前後の見込み。

ポータブルタイプのヘッドホンアンプとして、業界で初めて、接続機器の端子やケーブルへの負荷を軽減・保護するパーツ(フロント/リアバンパー、サイドケーブルガイド)の交換に対応。ヘッドホンやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)などの端子やケーブルに合わせて負荷を軽減する。DSD Native 5.6/2.8 MHz、PCM 384 kHz/32 bitまでのハイレゾ信号に対応するUSB DAC機能と、光デジタル入出力やバランスヘッドホン出力などの4入力/4出力(4in/4out)端子を搭載することで、さまざまなハイレゾ音源機器と接続して高音質で再生する。

微小なジッターの影響をカットする「ロックレンジアジャスト」など、三つのサウンドアレンジ機能によって、音質をカスタマイズできる。さらに、ESSテクノロジー製の最上位DAC「ES9018K2M」とアシンクロナス転送や一点アース設計によってジッターやノイズを低減し、高S/Nの高音質で再生。フルバランス回路と出力ごとの独立した専用アンプによって、左右の音声の分離感や定位感を高いレベルで実現した。

きょう体は、接続機器を重ねて持ち運ぶことができるフラットな天・底面をもち、堅牢なアルミ削り出し材を使ったソリッドデザインを採用。付属パーツ装着時の最大突出部を含むサイズは、76×26×154mmで、重さは380g。3200mAhのリチウムイオンバッテリを搭載し、iOS端末デジタル接続使用時に4.5時間、アナログライン入力使用時に6.0時間駆動する。

アナログ音声ケーブル3.5mm(L-L)×1、マイクロUSBケーブル(I-I)×1、バンパーパーツ(フロント・リア)×2、ケーブルガイド×2、バンパー用予備ネジ×2(M1.8×6mm)、ケーブルガイド用予備ネジ×2(M1.6×4mm)、プラスドライバー×1、シリコンシート×1、シリコンラバーバンド×4(2種類)が付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング