KDDI、「iPad Air 2」「iPad mini 3」発売に合わせて「下取りプログラム」を拡充

2014.10.21 20:8配信
KDDIのiPad紹介ページ

KDDIは、アップル製タブレット端末「iPad Air 2」と「iPad mini 3」のWi-Fi + Cellularモデル(セルラーモデル)を10月24日に発売する。また同日、「下取りプログラム」の対象機種に、「iPad Air」と「iPad mini 2(旧名称iPad mini Retinaディスプレイモデル)」を追加する。

店頭に加え、au Online Shopでも取り扱う。税込みの現金販売価格は、「iPad Air 2」の16GBが7万3200円、64GBが8万5080円、128GBが9万6960円、「iPad mini 3」の16GBが6万1320円、64GBが7万3200円、128GBが8万5080円。指定の条件を満たす場合に、最大24か月間、機種ごとに一定金額を割り引く「毎月割」を適用した場合の実質負担額は、「iPad Air 2」の16GBが1万2120円(505円×24回)、64GBが2万3280円(970円×24回)、128GBが3万4320円(1430円×24回)、「iPad mini 3」の16GBが0円、64GBが1万2840円(535円×24回)、128GBが2万4120円(1005円×24回)。

「毎月割」の割引額は機種によって異なり、「iPad Air 2」は2545円(総額6万1080円)/2575円(総額6万1800円)/2610円(総額6万2640円)、「iPad mini 3」は2555円(総額6万1320円)/2515円(総額6万360円)/2540円(総額6万960円)。実質負担額0円の「iPad mini 3」の16GBなら、通信料金だけで使用できる。

料金プランは、月額定額制の基本プラン「LTEフラット for Tab(i)」のほか、auのスマートフォンとセットで利用すると、通常より料金を割り引く「スマホセット割」を用意する。「スマホセット割」の場合、使った分だけ請求される従量課金制で、最大2年間、iPadを基本使用料0円から使うことができる「ゼロスタート定額」も選択できる。なお、「スマホセット割」と、指定の固定通信サービスとのセット割引「auスマートバリュー」は併用できない。

●「下取りプログラム」に「iPad Air」「iPad mini 2」を追加

あわせて、提供中の「下取りプログラム」の対象機種に、2013年発売の前機種「iPad Air」と「iPad mini 2」を追加する。同時に下取り価格を改定し、最大2万2000円相当で、不要になったiPad(auのセルラーモデル、Wi-Fiモデル)を下取りする。

下取り価格(ポイント)は機種によって異なり、セルラーモデルの場合、新規契約時は、端末の購入代金に充当できるポイントを付与するかたちで本体価格から割り引き、機種変更時は1ポイント1円相当として利用できる「WALLET ポイント」として還元する。Wi-Fiモデルの場合は、新規/機種変更時とも、本体価格からの割引となる。下取りの適用条件は、故障しておらず、正常に動作するもの。下取り受付店舗は、auショップ・PiPit・その他のau取扱店で、au Online Shopは対象外。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング