日立マクセル、デュアルチャンバーを採用したカナル型ヘッドホン「MXH-RF800」

2014.10.21 20:15配信
原音に忠実な音を追求した高級ヘッドホン「mシリーズ」の新モデル「MXH-RF800」

日立マクセルは、10月21日、原音を追求する高級ヘッドホン「m(エム)シリーズ」の新モデルとして、ハウジングが二層構造のデュアルチャンバーと、不要な共振を抑えるハイブリッドボディを採用したカナル型ヘッドホン「MXH-RF800」を発表した。10月25日に発売する。

発表会で、コンシューマ&ソリューション事業本部の小林是人主管は、「高級ヘッドホンを販売しはじめた2年前、『よい音楽を聴く人が増えていきそうだ』という見解を示したが、まさにいま、データ容量の大きいハイレゾ音源が普及しつつある」と、音楽を取り巻く環境の変化と高級路線への手応えを語った。

迫力のサウンドを生み出すデュアルドライバを採用するモデルを多くラインアップする「mシリーズ」のなかで、新モデルは根強い人気を誇る「RF500」のデュアルチャンバーを採用。小林主管は、開発の背景を「ハウジング内部の空間を再設計することで広い音場を実現した『RF500』は、ユーザーから高評価をいただいている。この二層空間構造をさらに追求しようと考えた。ライブで味わうようなワイドな音場感は、長時間視聴しても疲れにくく、多くのユーザーにご満足いただけるはずだ」と説明した。

「よりワイドな音場感の創出」をキーコンセプトに掲げる「MXH-RF800」の魅力は、ハウジング内部を二層空間構造にしたデュアルチャンバーとアルミニウム合金とABS樹脂のハイブリッドボディだ。ハウジング内部の二つの空気層がドライバの振動を効率よくコントロールすることで、高域ではより伸びのある音を、低域ではよりパワフルなサウンドを再生。ライブ空間にいるような広がりのある音場を実現する。

従来のデュアルチャンバー採用モデル「RF500」から進化したハイブリッドボディは、2種類の素材からなるハウジングでノイズの原因となる共振を徹底的に抑制。臨場感あるクリアな音を再生する。

イヤーピースは、通常タイプと耳にぴったりフィットする低反発ポリウレタンタイプが付属。ドライバユニットは約10mmで、インピーダンスは16Ω、再生周波数帯域は20~22000Hz。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング