久本雅美生誕60年記念イベント『マチャミの婚前披露宴 還暦すぎてもヨロちくび~!』の全国5都市ツアーが決定した。“婚前”とある通り、未だ独身の久本だからこそできる妄想全開の大イベント。新郎は不在だが、ゲストは満載だ。披露宴を前に新婦・久本がその展望を語った。

【チケット情報はコチラ】

「この“婚前披露宴イベント”は、実は10年前の50歳のときにもやらせていただいているんです。私としてはその1度きりで終わって、今度は本物の披露宴をやるんだと豪語していたんですが……まさかのパート2ですよ(笑)! だったらまた面白がっていただこうじゃないかということで、またド派手なショーをやろうと考えています」と、のっけから笑わせてくれる久本。今回もまた、新婦自らがネタを披露するのをはじめ、お祝いに駆けつける多彩なゲストが、次々と芸を繰り出していく予定だ。「贅沢だなと思うのは、松崎しげるさんの『愛のメモリー』。結婚式で歌われる定番の名曲ですよ。それをご本人に、新郎のいない状況で歌っていただけるなんて。こんな遊びに付き合ってくださってほんと申し訳ない(笑)」

しかし、バカバカしいことを本気でやるというのが、ワハハ本舗で培ってきた久本の姿勢である。きっとゲストも本気で楽しませてくれるはずだ。会場によって顔ぶれは異なるが、ほかに、高橋ジョージ、青木隆治、いとうあさこ、はるな愛、キンタロー。、AMEMIYA、ナジャ・グランディーバ、柴田理恵、梅垣義明、大久保ノブオ、タマ伸也(ともにポカスカジャン)、ガダルカナルタカ、松尾貴史が登場。「このほかにもいろんな方にビデオで参加していただくことも考えています。観に来てくださる方には、披露宴の参列者になった気持ちで気軽に来ていただいて、素敵なゲストの方たちのエンターテインメントを楽しんで、大いに笑っていただけたらうれしいですね」

それにしても、自身の人生までをもネタにして楽しんでもらおうとするその熱はどこから生まれるのか。「それはやはり、みなさんの笑顔です。笑ってくださることで血流が良くなって元気になるというか、生命力をいただくんですよね」。そして、その元気がまた私たちに希望をもたらすのだ。結婚してようがしてなかろうが、何歳になろうが、「まだまだ自分らしく暴れていけたらなと思っています」と、この人はこんなにもイキイキしているのだから。久本雅美というエンターティナーがいることが、私たちの幸せだ。

公演は9月22日(土)大阪・森ノ宮ピロティホールを皮切りに、東京、新潟、京都、広島で上演。チケットは発売中。

取材・文:大内弓子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます