ミュージカル「エビータ」が、本日7月4日(水)より東京・東急シアターオーブで開幕する。開幕に先立ち、メディアコールが行われ『A New Argentina』『High Flying,Adored』『Don't cry for me Argentina』の3曲が披露された。

【チケット情報はコチラ】

本作はアンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞、ハロルド・プリンス演出という、現代ミュージカル界の巨匠トリオによって1978年に誕生した傑作ミュージカル。その後、1980年のトニー賞では最優秀作品賞を含む7部門を受賞し、1996年にはマドンナとアントニオ・バンデラスの主演で映画化され、大ヒットを記録した。今回、1978年初演時のオリジナル演出版が待望の初来日となる。

強く逞しい女性の象徴としてエビータの愛称で慕われた実在の女性、エヴァ・ペロン。恵まれない境遇に生まれながらもモデルや女優を経て、夫のペロンを押し上げ、大統領夫人にまで上り詰めていく彼女のドラマティックな生涯を描いたミュージカルだ。

メディアコールの冒頭では、アソシエイト・ディレクターのダニエル・カトナーが「40年前にロンドンで、そしてアメリカでも上演され、長い年月を通していまだに名作とうたわれている作品。一世を風靡したこの名作を持って日本に来られたことに感謝している」と挨拶。エヴァ・ペロン役のエマ・キングストンはメディアコール後に「私の母そして祖父がアルゼンチンの出身であり、私の家族たちは(物語に描かれている)こういう時代を過ごしてきた。その中でエヴァ・ペロンの役を演じられること、さらには世界的にも高名なハロルド・プリンスの演出版で、その愛弟子のダニエル・カトナーの演出を受けることができて、本当に光栄に思っています」と作品への思いを披露。日本公演限定でチェ役を演じるラミン・カリムルーは「こんにちは。はじめまして。ひさしぶり」と日本語で挨拶したあと「私にとって日本は第2のふるさと。今回はこの素晴らしいキャストの皆さんと一緒に、さらにこのエビータという素晴らしい作品で戻ってこられて本当にうれしい」とコメント。国内でも数々のコンサートやショーに出演した経験はあるものの日本で全幕ミュージカルに出演するのは今回が初めて。「プロダクションの一員として、日本で公演を重ねていくことができることにエキサイトしている」と意気込みを語った。

公演は7月29日(日)まで。生演奏・英語上演・日本語字幕あり。チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます