「小学館の図鑑NEOPad」の第2弾が発売へ

タカラトミーは、カメラ付きの図鑑タブレット「小学館の図鑑NEOPad 乗りもの+くらべる編」を、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで7月12日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万5000円。

小学館の図鑑NEOPadシリーズの第2弾。小学館の図鑑NEO『乗りもの』から400種類の乗りものと、シリーズ累計発行部数140万部を超える大人気の『くらべる図鑑』『もっとくらべる図鑑』から約180種類のコンテンツをセレクトしている。

お出かけ時に、小学館の図鑑NEOPadで乗りものを調べたり、カメラ機能で乗りものを撮影したりと、子どもたちが遊びながら身の回りのさまざまなものに興味を示し、主体的に学べる「アクティブ・ラーニング」を実現する。対象年齢は1.5才から。耳の不自由な子どもも楽しめる「うさぎマーク」の共遊玩具に認定されているほか、音声ガイド機能で文字が読めない小さな子どもでも学習できる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます