お笑い界の「女太閤」を喜劇役者・藤山直美が演じる

2014.10.24 18:20配信
藤山直美 藤山直美

お笑い王国・吉本興業の創始者であり、「女太閤」と呼ばれた吉本せいの波乱に満ちた人生を描く『笑う門には福来たる』。一代で成功した実在の女性の強さや哀しさを、今回が博多座7回目の出演となる藤山直美が生き生きと演じる。

【チケット情報はこちら】

9月末に福岡市内で行われた記者会見でも「吉本のお芝居を、松竹の製作で、博多座で上演する。めちゃくちゃややこしいことですわ!」と、開口一番会場を笑いに包み込む藤山。以前より一代記には興味があったと言い、大阪出身で「生活の一部」と語る吉本興業の創始者となれば、気合もまた入る。「今、テレビをつけると、朝から深夜まで吉本の芸人さんがぎょうさん出ていらっしゃいます。これの“事の始まり”って一体何なんだろう。根本を一度掘り下げて見てみたいな、復元してみたいなという気持ちは以前からありましたね。大阪出身の私が演じることで、気楽に観てもらえたら嬉しいですね」

「笑いを生きる力に」「お客様のことを第一に」と、藤山直美と吉本せいには共通点も多い。また、吉本人気に大きく貢献したのは稀代の名芸人・桂春団治の高座をかけることに成功したことであるが、「桂春団治」は父である藤山寛美の人気作であったことなど縁も深い。「桂春団治さんと吉本せいさんは、芸人として興行師として並べるものの順番というか、価値観が同じやったんやと思います。人の気は人の気でしか動かせません」と語る藤山だが、その口説きのシーンにも注目だ。

戦前の芸人たちの生き様を始め、華々しい演芸史の変遷が楽しめるのも魅力。共演も市川月乃助、あおい輝彦、林与一、石倉三郎、仁支川峰子、川﨑麻世ら豪華だ。「得たものも大きいけど、その分失ったもの、あきらめてきたものも多かった人。高い山を登れば、酸素が薄くなる。その分荷物も少なくしなければならない。泣きながら離してきたものが多かった。女の人生にはいろいろな選択があるけど、せいさんの華やかでもあり、たくさんの哀しみもある、そんな人生をしっかり観て欲しいですね。吉本の芸人さんに見てもらえるお芝居にもしたいと思ってます」(藤山)

公演は11月6日(木)から28日(金)まで福岡・博多座、12月3日(水)から25日(木)まで東京・新橋演舞場。チケットは福岡公演は発売中。東京公演は10月25日(土)一般発売開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング