ソニー、厚さ約6.4mmの超薄型ICレコーダー「ICD-TX50」など3モデル

2012.1.24 12:2配信
厚さ6.4mmの「ICD-TX50」

ソニーは、業界最薄となる厚さ6.4mmのICレコーダー「ICD-TX50」を2月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万5000円前後の見込み。

本体上部にステレオマイクとクリップを備え、背広の胸ポケットなどに入れて録音できる。クリップ部分に付属の防振アタッチメントを装着して、机上に置いた際に伝わる振動を軽減する。3分の充電で約1時間の録音ができる急速充電で、急な会議でもすぐ利用できる。

クリアな録音ができる「高性能デジタルマイク」を内蔵。「胸ポケット」「会議」「ボイスメモ」など、5種類のシーンに適した録音設定ができる「シーンセレクト機能」を備える。

ノイズを抑えて聞き取りやすい音声で再生する「クリアボイス機能」、再生時に音声帯域にかかるノイズを大幅に低減する「強力ノイズカット」、小さな音だけを大きな音で再生する「ボイスアップ」機能を備え、機能を組み合わせてよりクリアな音を再生できる。

視認性の高い有機ELディスプレイを搭載。明るい場所でも録音時間やファイル名などを見やすい文字で表示する。記録メディアはmicroSD/microSDHCカードで、キャリングポーチとヘッドフォン、充電用USBケーブルが付属する。

「ICD-TX50」に加え、中位モデルの「ICD-UX502」とエントリモデルの「ICD-UX502」を2月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は「ICD-UX502」が8000円前後、「ICD-UX502」が5000円前後の見込み。

「ICD-UX502」は、本体をPCのUSB端子に直接接続できる「USBダイレクト機能」や、感度の高い全指向性マイク「Sマイク・システム」、再生時にノイズをカットする「強力ノイズカット」を搭載する。

「ICD-BX122」は、モノラル超高音質モードで録音できる。大きくて見やすい「液晶ディスプレイ」や使いやすい大型「録音・再生ボタン」を備え、使いやすい。単4形アルカリ乾電池2本で最長約55時間録音できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング