宮沢りえ主演作『紙の月』東京グランプリ受賞に自信

2014.10.25 19:58配信
(左から)池松壮亮、宮沢りえ、吉田大八監督

第27回東京国際映画祭が開催中の東京・六本木ヒルズで25日、日本映画として唯一コンペティション部門に出品された『紙の月』の公式記者会見が行われ、吉田大八監督、主演の宮沢りえと共演する池松壮亮が出席した。宮沢は「妥協なく、これ以上のことはできないという現場。その積み重ねが、この映画なので、自信はあるといえばあります」と最高賞にあたる東京グランプリ受賞に期待を寄せていた。

『紙の月』公式記者会見その他の写真

本作は、バブル崩壊直後の1994年を舞台に、契約社員として銀行で真面目に働く主婦・梨花(宮沢)が、巨額の横領事件を引き起こす様を描くヒューマン・サスペンス。直木賞作家・角田光代氏のベストセラー長編小説を、『桐島、部活やめるってよ』の鬼才・吉田監督のメガホンで映画化した。宮沢にとっては7年ぶりの映画主演で、「40歳になるまで、できるだけ心と時間を舞台に費やしたかった。今回は、舞台を通して得た新しい発見と豊かな恵みを、映画の世界に返したかった」とスクリーン復帰への思いを語っていた。

一方、吉田監督は「ここ数年、宮沢さんは舞台を中心に活動されていたので、映画人としては悔しい思いだった。イチかバチかのオファーを受けていただき、自信になったし、勝負できると確信した」と振り返り、「国際映画祭という世界の舞台で、どういう位置づけで観てもらえるのか楽しみ。もちろんコンペティションの意味は分かっているつもり。競争なので負けたくない」と闘志を燃やしていた。

また、ヒロインが転落するきっかけとなる年下男を演じる池松は、「これまでたくさんの方と共演したが、これほど身も心も役に投げ出せる女優さんは初めて」と宮沢の熱演に圧倒されていた。

第27回東京国際映画祭
10月23日(木)から31日(金)まで
会場:六本木ヒルズ(港区)、TOHOシネマズ 日本橋(中央区)ほか

『紙の月』
11月15日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング