マスプロ電工、Kodakブランドの360°アクションカメラ「SP360」を発売、ミラーレス一眼カメラなども

2014.10.27 14:38配信
SP360

マスプロ電工は、米JK Imagingとの間で、Kodakブランドのデジタルカメラとデジタルムービーの日本総代理店契約を取り交わし、第一弾として、水平方向に360°撮影できるアクションカム「SP360」を11月21日に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は4万1500円前後の見込み。

「SP360」は、F2.8の明るい単焦点レンズを備え、水平方向360°、垂直方向に214°と全方位撮影に対応する360°アクションカメラ。置くだけでほぼすべてシーンを逃すことなく撮影できる。

有効1638万画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載し、ズームをしても写真や動画が鮮明に撮影できる。1秒間に10枚の連続撮影に対応し、スポーツシーンを撮影できるほか、フルHD(30P)撮影や、超高速度(120コマ/秒)撮影、時間を圧縮したようなタイムラプス動画が撮影できる。

専用ソフトウェアをインストールしたPCとWi-Fi/USBで接続することで、撮影画面を確認しながら録画、再生ができ、映像の編集にも対応する。スマートフォンとWi-Fi接続すれば、専用アプリケーションで「SP360」を遠隔操作できる。GPS情報を映像に記録したり、リアルタイムにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に映像をアップロードしたりできる。

サイズは、高さ50×幅41.1×奥行き38mmで、重さは約103g。カラーはイエロー。2mの耐衝撃、IPX5相当の防滴、IP6X相当の防じん、-10℃までの耐低温性能を備える。別売のマウントアダプタを使って、自転車やクルマのフロントガラス、サーフボード、ヘルメットなどに取りつけて撮影できる。別売のマウントアダプタの税別実勢価格は、防水ハウジングや拡張アーム、平面用接着マウント、吸盤マウント、バーマウント、頭部ストラップマウント、自転車用ヘルメットストラップマウント、サーフボード用マウントなどがセットで2万円台半ばの見込み。

同時に、アクションカメラ「SP1」と、ミラーレス一眼カメラ「S-1」を発売する。「SP1」は、1424万画素のCMOSセンサを搭載。フルHD撮影に対応する。また、水深約10mで使用できる防水、約2mまでの耐衝撃、防じん、-10℃までの耐低温性能などを備える。サイズは、高さ51.4×幅84.7×奥行き39.5mmで、重さは約155g。カラーはイエロー。「S-1」は、1683万画素のCMOSセンサを搭載。フルHD撮影に対応する。サイズは、高さ67.4×幅115.7×奥行き35.6mmで、重さは約290g。カラーはホワイト。価格はオープンで、税別実勢価格は「SP1」が3万円程度、「S-1」が6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング