KDDI、次世代音声通話サービス「au VoLTE」を12月に提供、対応する新端末2機種も

2014.10.28 15:16配信
左から松岡修造さん、田中社長、杉咲花さん、福士蒼汰さん

KDDIは、10月27日、4G LTEネットワークを活用した次世代音声通話サービス「au VoLTE」や「au VoLTE」に対応するスマートフォンの新モデルなど、2014年冬に展開するサービスや端末を発表した。

発表会の冒頭、田中孝司社長は、「大手通信キャリアはどこも同じじゃないかという声をよく耳にするが、auはあらゆる分野で期待を超える価値を提供していく」と、ネットワーク・端末・サービスなどで他キャリアとは異なる新しい取り組みに力を入れると宣言。12月に提供を開始する次世代音声通話サービス「au VoLTE」については「ただ高音質なだけではおもしろくない。『Voice』×『Date』の新しいシンクロ体験によって、生活を革命する価値を提供する」と語り、独自のサービスを取り入れた「au VoLTE」の詳細を紹介した。

音声周波数帯が50Hz~7kHzに広がり、高音域の音声をよりクリアに伝える「au VoLTE」は、LTE人口カバー率とLTE維持率で99%を超えるつながりやすい電波を利用するので、3G回線に切り替わることなく、常に4G LTE回線を維持。スピーディな発着信と、長時間の高音質通話を実現する。料金プランは、新料金プラン「カケホとデジラ」と従来の料金プラン「LTEプラン」と同じ料金体系を適用する。

音声通話中に、自分のスマートフォンの画面を通話相手のスマートフォンとリンクするau独自のサービス「シンクコール」は、高品質の音声通話と高速データ通信が同時にできるVoLTEのメリットを生かしたサービスだ。閲覧中のウェブサイトや起動しているアプリの画面のまま、着信に応答できる専用のインターフェースでは、着信時には受話・切断以外にスピーカー受話を選択することができる。

表示しているウェブサイトや写真を共有する「画面シンク」や、カメラで映している映像をリアルタイムで相手の画面に表示する「カメラシンク」、お互いの位置情報を地図上に表示する「位置シンク」、画面上で手書きの文字やイラストを共有する「手書きシンク」など、日常のさまざまなシーンで活用できる電話を利用した新しいコミュニケーションを提案する。

利用料金は無料で、2015年2月以降にサービスを開始する。対象端末は「au VoLTE」に対応するAndroidスマートフォンで、「isai VL LGV31」「URBANO V01」は、サービス提供後のバージョンアップで利用できるようになる。

また、ビジネスシーンでのコミュニケーションツールとしても便利な音声サービスとして、発信者を含めて最大30人で同時に通話ができる「ボイスパーティー」も発表。月額400円の新しいオプションサービス「電話きほんパック(V)」か、月額300円の個別オプションに加入することで利用できる。

また、「au VoLTE」に対応するスマートフォンとして、「isai VL LGV31」「URBANO V01」の2機種を発表した。受信最大150Mbpsの高速通信を実現する「キャリアアグリゲーション」と受信最大110Mbpsの「WiMAX 2+」に対応するなど、4G LTEを最大限に活用できる端末だ。

HDの約1.8倍という高精細表示の約5.5インチWQHDディスプレイを採用したLGエレクトロニクス製の「isai VL LGV31」は、本体を振るだけで現在地周辺の「au WALLET」加入店舗やグルメ、イベント情報が入手できるユーザーインターフェース「isai モーション」を搭載。気分に合わせて簡単に壁紙やアイコンを変更できる機能や写真のコラージュ編集機能など、「isai FL」で好評だった機能を受け継いでいる。

カラーはアクア、ブラック、ピンクゴールドの3色。OSはAndroid 4.4で、3GBのメモリと32GBのストレージを搭載。サイズは高さ145.0×幅76.0×厚さ10.5mmで、重さは約154g。

落下に強く割れにくい強化ガラス「Dragontrail X」を採用した京セラ製の「URBANO V01」は、約30分でバッテリ容量の半分の急速充電ができる「急速充電対応卓上ホルダ」が付属。本体正面のメインキーや側面のサイドキー、裏面のカメラリングにメタル素材を用いることで、上品なデザインに仕上げた。

カラーはロイヤルブルー、プラチナホワイト、フォレストグリーンの3色。OSはAndroid 4.4で、2GBのメモリと16GBのストレージを搭載する。サイズは高さ141.0×幅70.0×厚さ9.9mmで、重さは約155g。

新サービスと新端末の発表後は、ゲストとしてauのCMに出演する松岡修造さんと福士蒼汰さん、杉咲花さんが登場。冒頭からハイテンションの松岡さんに、田中社長が「auの発表会ということを忘れないでくださいよ」と念を押し、会場の笑いを誘った。

トークセッションでは、「au VoLTE」のサービス開始を記念した始球式を実施。「サーブに関しては(錦織)圭より僕のほうが上」と前置きした松岡さんがラケットを握り、会場にスポンジボールを打ち込んだ。田中社長は、現役時代と変わらぬ松岡さんのサーブに、「『au VoLTE』みたいにめちゃ速いです」と感心しきりだった。

CM出演中に松岡さんがテニスプレイヤーだと知った杉咲花さんは、「松岡さんがテニスをしているところを初めてみました」と大喜び。「au VoLTE」については、「絵を描くことが好きなので、『手書きシンク』が楽しみ。プライベートでの電話が大きく変わっていく気がする」と、期待を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング