SiB、「ケーブルボックス ユーティリスト」、インテリアになじむ自然なデザイン

2014.10.28 15:57配信
「ケーブルボックス ユーティリスト」

SiBは、10月27日、「Urban Utility」ブランドから、すっきりとしたフォルムでフローリングや机になじむ自然なデザインのケーブルボックス「ケーブルボックス ユーティリスト」を楽天、Amazonで発売した。税込み価格は4980円。

PCやテレビまわりの煩雑なケーブル類を収納するケーブルボックス。「ケーブルを隠すだけの箱」ではなく、部屋のインテリアの一部として「魅せる」ケーブルボックスとして開発した。暖かみがある木のぬくもり、気持ちが落ち着くやさしい手触り、すっきりとしたフォルムをもつ。

コンセントに簡単にアクセスできるフタや、ケーブルの整理整頓に便利な仕切り板、フタのスリットにUSBケーブルを通し、スマートフォンなどの充電ができるなど、使いやすさにも配慮した。長さ34cmまでの電源タップ、6~7個口までのOAタップが収納できる。

カラーは、ウッドとホワイトの2色。ウッドは木目が美しい天然桐材、ホワイトは環境に配慮したMDF(中密度繊維板)を採用した。サイズは、外寸が幅140×奥行き400×高さ160mm、内寸が幅125×奥行き375×高さ130mm。重さは、ウッドが900g、ホワイトが1.8kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング