これまで美味いチーズケーキを食べ歩いてきた人も、未体験の秀作を供する店が7月5日、港区白金にオープンした。スペインのバスク語でチーズを意味する「GAZTA」(ガスタ)である。

美食の街、スペインはバスク地方のサンセバスチャンに、「LA VINA」(ラ・ヴィーニャ)というバルがある。バルでありながら、この店のチーズケーキを目当てに、世界中の美食家が足を運ぶそうな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

創業は1958年。ファミリービジネスだったこともあり、チーズケーキの製法は門外不出。誰に頼まれようが、金輪際教えようとはしなかった。

ところが。ひとりの女性パティシエが、LA VINAのチーズケーキに惚れ込んだ。「勉強させてほしい」とつづった〈ラブレター〉を日本から送り、現地にも足を運び、懇願を続けた。その熱意と誠意に、さすがのLA VINAも根負け。秘伝の奥義だったその製法を、世界で初めて授かったのが、GAZTAのシェフ・パティシエール、勝羅沙織(かつらさおり)である。

表面はやや焦げていて、しっかりと焼き込んだようだが、切ってみると摩訶不思議、中はしっとりとした仕上がり。ひと口頬張れば、舌の上をなめらかにとけていく。チーズケーキ特有の濃厚で、奥深く、まったりとした味わい。これまで経験したことのない傑作であった。

甘みをきかせたミルクティーと一緒に、舌で鑑賞したい。あるいは、ブランデーを嗜みながら賞味してもオモシロイかもしれない。

GAZTAはテイクアウト専門。LA VINAの製法で作った、日本初上陸のチーズケーキを大切な方への手土産にすると、きっと喜んでもらえるはずだ。

食べる直前まで冷蔵庫で保存。10分ほど常温に戻すると、より美味しく食べられる。
サイズは直径約8cmと、直径約15cmの2種類がある。

【店舗概要】

「GAZTA」
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜
電話番号:03-3440-7495
所在地:東京都港区白金1-14-10-1F
アクセス:白金高輪駅 徒歩3分
1個(約8cm)700円、4個入りボックスは2800円、6個入りボックスは4200円。
1台(約15cm)4000円 ※すべて税別。

東京五輪開催前の3歳の時、亀戸天神の側にあった田久保精肉店のコロッケと出会い、食に目覚める。以来コロッケの買い食いに明け暮れる人生を謳歌。主な著書に『平翠軒のうまいもの帳』、『自家菜園のあるレストラン』、『一流シェフの味を10分で作る! 男の料理』などの他、『笠原将弘のおやつまみ』の企画・構成を担当。