ラスト4! 横浜FM×浦和、日産Sが赤く染まる?

2014.10.30 16:40配信
伊藤翔(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE PHOTOS 伊藤翔(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE PHOTOS

勝点1を獲得したと取るか、勝点2を失ったと見るかが問題だ。J1リーグで首位を走る浦和レッズの話である。

横浜F・マリノス対浦和レッズ J1リーグ チケット情報

前節・鹿島アントラーズのホームに乗り込んだ浦和は、1-1で引き分けた。これで残り4試合で3位・鹿島とは勝点7差のままだが、2位・ガンバ大阪には勝点3差に詰められた。しかも、第32節ではG大阪との直接対決が待っている。得失点差は浦和が+22、G大阪は+24と1試合の結果で逆転可能となった。さらに、浦和はここ5試合で1勝2分2敗と足踏みしているのに対し、G大阪は4勝1敗とリーグ戦再開後の勢いを持続している。

トラウマがある。2007年、浦和は残り5試合で3位・鹿島に勝点10差をつけていた(ちなみにその時の2位は、奇しくも勝点6差のG大阪!)。だが、浦和は5連勝直後のラスト5試合で3分2敗と急失速し、9連勝で追い上げた鹿島に逆転優勝を許したのだ。

2007年の悪夢を知るサポーターは勝点2を失ったと見るが、ペトロヴィッチ監督は違う。鹿島戦後、指揮官は「(G大阪と)3ポイントに縮まったという見方もあるが、サッカーにおいては決して慌てるようなポイント差ではない。今日、鹿島から1ポイントを取ったことは非常に大きいし、ポイント差が縮まっていることに恐れを抱く必要はない」と胸を張った。

事実、ペトロヴィッチ監督は86分、負傷した興梠慎三に代わってMF・鈴木啓太を投入し、思惑通り1-1のまま試合をクローズさせた。直接対決を残すG大阪のポイント差よりも、まずは鹿島を優勝戦線から脱落させることを優先させたのだ。

そこで、重要な意味を持つのが第31節である。浦和は11月3日(月・祝)・日産スタジアムに乗り込む。ホームで迎え撃つ横浜F・マリノスは、勝点44の10位と中位に甘んじている。リーグ最小失点26を誇りながら、33得点と決定力不足で優勝争いに絡めなかった。ここ2試合も無得点。中村俊輔、藤本淳吾、齋藤学はチャンスメイクするとともに、合計10得点だが、1トップのゴール数が伸びない。途中加入したラフィーニャは8試合で4得点を量産したが、ケガで戦線離脱した。5ゴールの伊藤翔が先発、2ゴールの藤田祥史が途中出場というパターンである。悩める1トップが決めるか否かが、浦和戦の肝になる。

1トップがキーとなるのは、浦和も同様である。チーム最多の12ゴールをマークする興梠が前節で右腓骨骨折の憂き目に遭った。従って、2列目を担った李忠成がトップに入り、柏木陽介、マルシオ・リシャルデスもしくは梅崎司が並ぶ形が予想される。エース不在の中、悪い流れを断ち切るには、決めるべきところでゴールを決めるほか道はない。

11月3日(月・祝)・横浜F・マリノス×浦和レッズ・日産スタジアムはチケット発売中。埼玉スタジアム2002での第32節・G大阪戦、最終節・名古屋グランパス戦はともに予定枚数終了となった今、レッズサポーターはいざ日産スタジアムへ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング