JVCケンウッド、簡単操作で高音質サウンドが楽しめるCDポータブルシステム「RD-W1」

2014.10.30 17:25配信
RD-W1

JVCケンウッドは、「JVC」ブランドから、さまざまな音楽ソースに対応し、簡単な操作で高音質サウンドが楽しめるCDポータブルシステム「RD-W1」を、11月上旬に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は2万3000円前後の見込み。

スマートフォンなどの音源やUSB、FM/AMラジオなど、さまざまな音楽ソースに対応するCDプレーヤー一体型オーディオ。Bluetooth/NFC(近距離無線通信)に対応し、スマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生できる。本体とリモコンの大型でわかりやすい日本語文字表記ボタンや、使いやすいダイヤル式の音量ノブなどで、簡単に操作できる。

CD/USB再生機能として、語学学習などに便利な「スピードコントロール」「5秒スキップ(送り、戻し)」「A-Bリピート(部分反復)」機能を搭載。CDからの倍速録音や、ラジオ・外部入力からの録音に対応する。タイマー録音は2系統装備する。

クリアな中高域を再生する新開発の大口径9cmダブルコーンスピーカーユニットを搭載。スピーカーボックスは、容積を効率よく確保できるスクエア形状で、コンパクトながら迫力ある低音を再生する。

実用最大出力は13W+13W。CDの再生は、音楽CD、CD-R/RW(CD-DA/MP3/WMA/FLAC/WAV)に対応する。USBは、再生がMP3/WMA/FLAC/WAV、録音はMP3。FMは、AMのサイマル放送を行うFM補完中継局対応の95MHzまでカバーする。

サイズは、幅380×高さ145×奥行き191mmで、重さは3.1kg。持ち運びに便利な収納式ハンドルを搭載する。カラーは、ブラウン、シャンパンゴールド、シルバー、ブラックの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング