『オペラ座の怪人』25周年、初来日した“怪人”に愛され続ける理由を直撃

2012.1.24 17:44配信
右からラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス

ミュージカル史上に燦然と輝く金字塔『オペラ座の怪人』の25周年記念公演が昨年10月、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われ、2日間3公演に約1万5000人のファンが駆けつけた。その模様を収録したブルーレイとDVDの発売を記念し、同舞台に主演したラミン・カリムルー(ファントム役)とシエラ・ボーゲス(クリスティーヌ役)が初のプロモーション来日を果たした。

その他の写真

数々のミュージカルの名曲を生みだし、トニー賞7回をはじめ輝かしい受賞記録を持つアンドリュー・ロイド=ウェバーと「最も才能にあふれ成功したミュージカル・プロデューサー」と称されるキャメロン・マッキントッシュがタッグを組んだ『オペラ座の怪人』。1986年の初演以来、日本を含む世界27ヵ国以上で上演され、観客動員数は1億人を超える。それだけに、記念すべき25周年公演の舞台に立った二人は、「より次元が上がっていたし、スケール感も増した。すべてが魔法のような瞬間だった」(ラミン)、「それに円形劇場だから、お客さんの熱気やエネルギーに包みこまれるような一体感を感じたわ」(シエラ)と思いも格別だ。

二人の共演は『オペラ座の怪人』の続編にあたる『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』以来。ラミンは今回の再共演を通じて、「お互いに成長したと思うし、特に彼女の集中力には改めて驚かされた。また共演したい、いや、共演しなければならないと思っているよ」とシエラへの信頼をさらに強めたという。一方のシエラも「絆がより強固なものになったわね。舞台の上での二人の関係は、やはり特別なものなのよ」と唯一無二のコンビネーションに胸を張った。

生みの親であるウェバーをはじめ、オリジナルキャストのサラ・ブライトマンやマイケル・クロフォードらが駆けつけるカーテンコールも大きな見せ場になっており、「彼らは常に僕らを応援してくれるよ」(ラミン)、「そう、決してジャッジを下したりせずに温かく見守ってくれるの」(シエラ)。時空を超えたキャストの共演も、25年の歴史を持つ『オペラ座の怪人』の成せる技だ。怪人と美女の愛憎劇を絢爛豪華に描いた本作が愛され続ける理由とは? 「何といっても音楽の素晴らしさ。それにファントムとクリスティーヌ、そしてラウルの三角関係を描くストーリーの美しさに尽きるわ。それらの要素が互いを支え合って、完ぺきなアンサンブルを奏でているの」とシエラ。“怪人”ラミンは「そう、今シエラが語ったすべてが見事なマリアージュ(融合)を果たしているからこそ、世界中の人々の心をつかんで離さないんだ」と力説した。

『オペラ座の怪人 25 周年記念公演 in ロンドン 豪華BOX セット』 (初回生産限定)
発売中 7980 円(税込)
ブルーレイ(単品)4980 円(税込) DVD(単品)4480 円(税込)/
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング