試験運用する「宅配ロッカー」と「フリースペース」のイメージ

ドンキホーテホールディングス(ドンキホーテHD)は7月9日、既存店舗を活用した「宅配ロッカー」と「フリースペース」を提供する新サービスの試験運用を開始したと発表した。 ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」は、「必要な物を、必要な時に買う」だけではなく、買い物自体を楽しむ「時間消費型店舗」のビジネスモデルを展開している。

一方、インターネット通販の普及による国内の荷物取扱量の急増と、配達時に在宅していない「再配達」の増加が人手不足の配送業者を直撃し、物流における「ラストワンマイル」が社会問題となるなか、自宅外でも商品を受け取れる宅配ロッカーを完備したシンプルな「フリースペース」を用意し、社会問題の解消と、来店客の時間をムダにしない場を提供する。

宅配ロッカー設置にあたり、グローリーとセゾン情報システムズが提供する「ブロックチェーン技術を活用した宅配ロッカーシステム」を導入した。まずは千葉県山武市の「MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店」で試験運用をスタート。多店舗展開に向けた検討を開始する。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます