ドコモ、2014冬-2015春モデルのタブレット端末「ARROWS Tab F-03G」、スマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」も

2014.11.6 17:56配信
ARROWS Tab F-03G

NTTドコモは、2014冬-2015春モデルのXi/FOMAハイスピード対応タブレット端末「ARROWS Tab F-03G」を11月8日に、スマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」を11月12日に発売する。

「ARROWS Tab F-03G」は、CPUにクアッドコアのMSM8974ABを採用し、タッチパネル対応10.5インチ有機ELディスプレイ(解像度2560×1600)、2GBのメモリを搭載したタブレット端末。OSはAndroid 4.4。

高精細有機ELディスプレイによって、地図や小さい文字をくっきり表示。独自の「ヒューマンセントリックエンジン」がユーザーの年齢や周囲の環境を判別して、画面の明るさや色味を最適な状態に自動調整する。

大画面ながら軽量で、IPX5/8の防水性能と、IP5Xの防じん性能を備え、利用シーンを選ばずに使用できる。

独自の高速&安定通信技術による高速ダウンロードに対応し、LTEと無線LANの同時通信ができる「マルチコネクション」で、高速ダウンロードを実現。必要な機能をわかりやすく、スタイリッシュにまとめた「かんたんスタイル」や、ワンタッチで画面の一部を鮮明に表示する「いつでもズーム」、日本語入力ソフト「Super ATOK ULTIAS」を搭載する。

対応メディアはmicroSDXCカード。連続待受時間は、LTEが約2000時間、3Gが約2470時間、GSMが約1880時間。実使用時間は約111.7時間。サイズは幅265.0×高さ174.0×奥行き8.5mmで、重さは約433g。

11月8日~2015年3月31日に「ARROWS Tab F-03G」を購入し、「dマガジン」契約を行って「dブック」で電子書籍を1冊以上購入したユーザーを対象に、「dコイン」を最大2000コインプレゼントする「dマガジン×dブックdコインプレゼントキャンペーン」を実施する。

「Xperia Z3 Compact SO-02G」は、CPUにクアッドコアのMSM8974ACを採用し、タッチパネル対応4.6インチ液晶ディスプレイ(解像度720×1280)、2GBのメモリを搭載したスマートフォン。

手のひらにすっきり収まる軽量・コンパクトサイズで、透明感のあるサイドフレームと光沢のある背面、アルミ素材の電源キーがプレミアム感を演出する。背面にはキズに強く、美しさを長く保つ強化ガラスを使用している。

カメラ機能は、「Xperia」シリーズ史上最高のISO感度によって、光の少ない暗闇ではノイズを抑えた写真を、室内での撮影はクリアな質感の写真を撮ることができる。手ブレ補正は、歩きながらの撮影だけでなく、スポーツ時など走りながらでもブレを抑えた滑らかな映像を残す電子式手ブレ補正技術「インテリジェントアクティブモード」を搭載する。

このほか、独自の高音質化技術「DSEE HX」、「マルチカメラ」や「ARファン」など、多彩なカメラアプリ、IPX5/8の防水性能とIP6Xの防じん性能、手袋をしたままでも画面の操作ができる「手ぶくろモード」など、充実した機能を備える。

対応メディアはmicroSDXCカード。連続待受時間はLTEが約650時間、3Gが約800時間、GSMが約620時間。連続通話時間はLTEが約990時間、3Gが約700時間、GSMが約650時間。実使用時間は約78.3時間。カラーは、Orange、White、Black、Greenの4色。サイズは幅65.0×高さ127.0×奥行き8.6mmで、重さは約129g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング