フォーシーズンズホテル京都(所在地:京都市東山区妙法院前側町、総支配人:アレックス・ポーティアス)は、人間国宝 能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家 大倉源次郎師をスペシャルゲストにお招きし、「京の文化と能楽囃子の魅力」をテーマにしたランチイベントを2018年9月19日(水)に開催いたします。


フォーシーズンズホテル京都では2016年10月15日の開業時より、ホテル中心に位置する約800年の歴史を受け継ぐ名庭、積翠園内の茶室「積翠亭」にて、日本文化の発信を促進すべく様々な文化的イベントを定期的に開催してまいりました。開業約2周年を迎えるこの節目にあたり、より多くのお客様にお楽しみいただけるよう今回は会場を広さ366平方メートル 、天井高さ5.4mのゆったりとした「ボールルーム」とし、京都が誇る伝統工芸の粋を凝らしたスタイリッシュな空間で能楽の世界を存分にお楽しみいただきます。

当日はスペシャルゲストとして人間国宝 能楽小鼓方大倉流十六世宗家 大倉源次郎師らによる能楽囃子の演奏、大倉源次郎師に演目の解説や能楽の楽しみ方、京文化などに関する幅広いお話を伺うトークセッション、能装束・面の展示コーナーに加え、フォーシーズンズホテル京都 宴会料理長 桂 憲二が能の世界観を料理で表現したクリエイティビティあふれるコース料理で能楽の魅力を存分にお楽しみください。

大倉師らにご披露いただく演目は、今回のイベントのために特別に構成された「融組曲(とおるくみきょく)」。フォーシーズンズホテル京都のある東山からも望める、京・六条を舞台にした追憶の物語が表情ゆたかに奏でられます。

お昼のひととき、フォーシーズンズホテル京都の雅な空間で、演奏とトークセッション、料理を通して、能の世界と初秋の京をゆっくりとご堪能ください。


<<フォーシーズンズホテル京都 能楽ランチイベント 概要>>

■開催日:2018年9月19日(水)
■時間: 受付11:00 3階「山桜ホワイエ」/ 開演 11:30 3階「ボールルーム」
■料金: お一人様  30,000円
*サービス料15%、消費税8%を別途申し受けます。事前振込みをお願いいたします。

■能楽囃子の演奏「融組曲」
出演:林宗一郎(謡), 杉市和(笛), 大倉源次郎(小鼓), 河村大(大鼓), 前川光長(太鼓)

■大倉源次郎師による能楽トークセッション
テーマ:「京の文化と能楽囃子の魅力」
司会:濱崎加奈子(有斐斎弘道館館長/専修大学准教授)

■ランチコースメニュー ~能「融」に寄せて~
フォーシーズンズホテル京都 宴会料理長 桂 憲二が能楽の世界観や演目内容からインスピレーションを得て創作する4品の特別コース料理。香魚と呼ばれる鮎がもっともおいしい秋に、「遊魚」に見立てコンフィ、メインディッシュには「融」の物語にちなみ陸奥より塩を取り寄せ使用した鶉の塩釜焼きなどをご用意しました。お食事を通しても能の世界をお楽しみください。


ジャガイモの冷製スープと小さな野菜の小鼓仕立てキャビアとともに

ズッキーニーとキャロットで鼓の形を表現し、焼き茄子、トマト、根菜野菜をつめた、初秋、残暑が入り混じった前菜のようなスープ。


鮎のコンフィ 三日月ビーツサラダ蜜柑のソースとたで酢

「遠山 黛の色に三日月乃 影を舟にも喩へたり また水中の遊魚は釣針と疑ふ」
この歌からの連想で、三日月をビーツ、黛色をガレット、水中の遊魚を川岸の鮎で表現。

鶉の塩釜焼きとワイルドライスのピラフ 茸のラグーソース

物語に登場する塩釜、鶉を使い、「夕されば野辺の秋風身にしみて鶉鳴くなる深草山」の風景を表現しました。

■後援:京都市(演奏、お話、展示)
■監修:公益財団法人 有斐斎弘道館 

[ご予約・お問い合わせ]:075-541-8288(ホテル代表)
フォーシーズンズホテル京都
所在地: 〒605-0932 京都市東山区妙法院前側町445-3
www.fourseasons.com/jp/kyoto/

大倉源次郎師 プロフィール
昭和32年 大倉流十五世宗家大倉長十郎の次男として大阪に生まれ、昭和39年 独鼓「鮎之段」にて初舞台。 昭和60年 能楽小鼓方大倉流十六世宗家継承。59歳の若さで人間国宝に。海外公演にも数多く参加し、子供向けの能楽体験講座なども各地で開催。能楽のふるさと、奈良・多武峰での「談山能」も企画、毎年開催。著書に『大倉源次郎の能楽談義』(淡交社)がある。

 
人間国宝 能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家  大倉源次郎師
フォーシーズンズホテル京都 ボールルーム


=======================================================

フォーシーズンズホテル京都について

フォーシーズンズホテル京都は、平家物語にも記され、800年の歴史を紡ぐ名庭「積翠園」が佇む東山の麓に2016年10月15日にオープンしました。ホテルの正面玄関は、竹林のアプローチからはじまり、ロビーに到着すると、目の前には大きな窓に積翠園の美しい緑が拡がります。この庭園を囲むように並ぶホテル館内は、ハーシュ・ベドナー・アソシエーツがデザインを担当する123の客室とスイート、57のホテルレジデンスを有し、ゆとりあるスペースを確保し、スタイリッシュでありながらも和のエッセンスを秘めた空間が安らぎのひとときを与えてくれます。また、フランス料理をベースとしたモダンキュイジーヌをお楽しみいただけるレストラン「ブラッスリー」、江戸前鮨を提供する「鮨 和魂」、淹れたてのハンドドリップコーヒーやホテル特製のペストリー、スイーツが味わえる「ザ・ラウンジ&バー」をご用意しております。庭園の対岸にある数寄屋づくりの茶室「積翠亭」では、ライトアップされた庭園を目前に夕暮れ時から日本酒やシャンパンをお楽しみいただけます。さらにはリゾート気分を満喫できるプールやフィットネス、スパも完備。自然光が差し込むチャペル、そして最大360名の宴会を開催することができるボールルームなどの宴会場施設は、婚礼から会議、各種レセプションまで、用途に応じてご利用いただけるスタイリッシュな空間です。

2017年の受賞実績としては、「Hospitality Design Magazine (ホスピタリティデザインマガジン)」が主催する、ホスピタリティデザインアワードにおいて、ベストスパ、ベストアップスケール&ラグジュアリーゲストルームアンドスイートの2つのカテゴリーにおけるアワードを受賞、また、「Hotel Investment Conference Asia Pacific - HICAP (アジアパシフィック・ホテル投資会議)」において、2016年に新規オープンした最優秀ホテルとして「Reggie Shiu development of the year」アワードを受賞するなど開業後1年にして数々の賞を受賞しております。また、『ミシュランガイド京都・大阪2018』では、「鮨 和魂」が1つ星を獲得、ホテル評価では、ホテルの快適度において最高ランクの“5レッドパビリオン”を獲得いたしました。

外観
客室
池庭「積翠園」
茶室「積翠亭」


フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツについて

1960年創業のフォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツは、お客様ひとりひとりに合わせた最高水準のサービスのご提供をめざし、卓越した想像力とたゆみない努力で、未来のホスピタリティをつねに先取りしています。現在世界46か国、109か所でホテルとリゾート、38のレジデンスを展開しており、さらに50か所以上で開業に向けた準備が進行しています。高級ホテルブランドとして、各種調査や旅行者によるレビューではつねに世界のベストホテルにランクインされ、多数の受賞歴を誇ります。詳細およびご予約はfourseasons.com. をご覧ください。最新ニュースはpress.fourseasons.com(英語)もしくはツイッター@FourSeasonsPRをご覧ください。

メディア向けURL(英語)http://press.fourseasons.com/
公式Facebookページ(日本語)https://www.facebook.com/FourSeasonsJapan 
Twitter(英語)https://twitter.com/fourseasonspr

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます