世界最大級の自主映画コンペ「PFFアワード2012」公募がスタート

2012.1.25 11:31配信
PFF ぴあフィルムフェスティバル

世界最大級の自主映画コンペティション「PFFアワード2012」の公募が今年も2月1日(水)から開始される。

その他の写真

「PFFアワード」は、“新しい才能の発見と育成”、“映画の新しい環境づくり”をテーマに、1977年より続くPFF(ぴあフィルムフェスティバル)のメインプログラム。事務局には、毎年2か月という短い応募期間に、平均500本以上もの自主映画が寄せられる。

PFFでは、通常の映像コンペに設けられる、年齢、プロアマ、上映時間などの一切の規制を排し、「過去1年以内に制作された未公開作品」であれば、どんな作品を応募しても受け付けられる。集められた作品は、「最低3人が必ず最初から最後まで1分1秒もらさず観る」というルールで審査。さらに一次通過作品を審査員全員で審査した後、7月に入選作品を決定。入選作品は、9月に東京国立近代美術館フィルムセンターで上映され、その後、全国を巡回する。事務局が海外の映画祭などにも積極的に作品を紹介するため、応募作品次第では応募作の海外上映の可能性もある。

これまで、森田芳光、黒沢清、中島哲也、園子温、矢口史靖ら多彩な監督たちを発掘し紹介してきたPFFだけに、今年も多くの応募が予想される。

「PFFアワード2012」

「第34回PFFぴあフィルムフェスティバル」
2012年、東京国立近代美術館フィルムセンターほか全国で順次開催

いま人気の動画

     

人気記事ランキング