地域経済の活性化を目的として、埼玉県においてスポーツビジネス分野で新しいビジネスを創出する若手起業家を支援するプログラムを始動

デロイト トーマツ グループ(本社:東京都港区 CEO:永田 高士)は、埼玉県から事業を受託して、スポーツやその周辺領域でビジネスアイディアの事業化や成長を目指す未来の若手起業家育成プログラム『埼玉 Sports Start-up(SSS)』の皮切りに8月21日(火)にキックオフイベントを大宮ソニックシティで開催します。


『埼玉 Sports Start-up(SSS)』とは、新規ビジネスを埼玉県で創出させ、地方創生活動の活性化につなげることを目的とし、埼玉県に拠点を置くプロスポーツクラブ・球団が抱える課題の解決につながる有望なビジネスプランやビジネスアイディアを有するスタートアップ・個人を一般公募・選抜し、専門家や第一線で活躍する起業家の方が一緒にビジネスアイディアをブラッシュアップし、事業化および事業の成長を支援するプログラムです。

キックオフイベントには、基調講演およびパネルディスカッションに、Jリーグチェアマン 村井満氏を招き、その他有識者とともに「スポーツ×ベンチャー×地方創生」というテーマでパネルディスカッションをします。その際、当プログラムに参加するための応募テーマが埼玉県のプロスポーツクラブ・球団から発表されます。

本プログラムを通じて、デロイト トーマツ グループはスポーツビジネスの拡大と活性化を促進させ、スポーツビジネスの発展に貢献していきます。



キックオフイベント 開催概要
日程
2018年8月21日(火)18:30 - 20:30(開場18:00)

会場
大宮ソニックシティ 小ホール
〒330-8669
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-2 ソニックシティホール棟 2F
Web:https://www.sonic-city.or.jp

内容
基調講演
「Jリーグをつかおう!の狙い」
 講演者:
 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) チェアマン 村井 満 氏

・パネルディスカッション
 「スポーツ×ベンチャー×地方創生」
 パネリスト:
 Jリーグ チェアマン 村井 満 氏
 栃木サッカークラブ マーケティング戦略部長 江藤 美帆 氏
 楽天株式会社 楽天大学学長 仲山 進也 氏
 早稲田大学 スポーツ科学学術院教授・スポーツビジネス研究所所長
 間野 義之 氏

 ファシリテーター:
 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
 スポーツビジネスグループ シニアヴァイスプレジデント 里崎 慎

・プログラムテーマ発表
 ・ 浦和レッドダイヤモンズ
 ・ 大宮アルディージャ
 ・ 埼玉西武ライオンズ

キックオフイベントの詳細・お申込みはこちら
特設サイト:http://www.deloitte.com/jp/sss

※キックオフイベントには、その後のプログラム参加の有無に関わらず、出席いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
このページが気に入ったら、フォローしてね!!
関連記事