ドコモ、スマートフォン「MEDIAS ES N-05D」を開発、遠隔サポートに対応

2012.1.25 14:43配信
MEDIAS ES N05D(左から、Pink、White、Black)

NTTドコモは、スリムボディに高精細液晶ディスプレイを搭載し、新サービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」に対応したスマートフォン「docomo with series MEDIAS ES N05D」を開発した。発売は、2月下旬~3月の予定。

厚さ6.7mmのスリムボディながら、デュアルコアCPUを搭載し、快適な操作を実現。おサイフケータイや、ワンセグ、赤外線通信、3月発売のG-SHOCK「GB-6900」と連携する「G-SHOCK連携」など、多彩な機能を備える。

ディスプレイは4.3インチ高精細HD液晶(解像度720×1280)。カメラは薄暗いシーンでもくっきりきれいに撮影できる810万画素・裏面照射型高感度「瞬撮カメラ」を搭載する。

コールセンターのオペレータが端末の状態を確認し、端末操作を手伝うなどの手助けをしてくれる新サービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」に対応する。本体は、IPX5/8相当の防水とIP5X相当の防塵仕様で、「お好みecoモード」と「しっかりecoモード」の2種類の節電モードを搭載する。カラーは、Pink、White、Blackの3色。幅67.0×高さ130.0×厚さ6.7mmで、重さは約110g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング