新垣&大泉『トワイライト』驚愕の演出方法とは?

2014.11.12 18:55配信
『トワイライト ささらさや』(C)2014「トワイライト ささらさや」製作委員会

新垣結衣と大泉洋が夫婦役で共演した『トワイライト ささらさや』が週末興行ランキング(11月10日付け)で第1位を飾るヒットを飛ばしている。本作で大泉は、突然の事故で命を落とすも、妻と生まれたばかりの赤ん坊が気がかりで成仏できず、他人の体を借りてふたりの前に現れる夫を演じているが、乗り移られた役柄をほかの俳優はどう演じたのだろうか?

その他の写真

本作は、ファンタジーとミステリーを融合した加納朋子の小説『ささら さや』を、『神様のカルテ』シリーズの深川栄洋監督が映画化したもの。不思議な町“ささら”を舞台に、売れない落語家だった夫(大泉)を事故で亡くし、生まれたばかりの息子を女手ひとりで育てることになったサヤ(新垣)が、ささら町の人々に支えられながら母親として成長していく姿が描かれる。

劇中では夫・ユウタロウが、自分の師匠や、駅員、少年、旅館の女将など、さまざま人の体に乗り移り、サヤと赤ん坊を助けようと奮闘する場面が度々登場するが、乗り移られるシーンは、俳優たちが実際に演じており、乗り移ったことを演出するために大泉の声を編集でかぶせたりはしていない。

本シーンの撮影は、まず大泉自身が乗り移られた人たちのシーンを実際にすべて演じ、それをDVDに録画し、乗り移られる俳優たちは、それを見ながら練習したという。現場で深川監督は、大泉にだけ細かく演出をつけ、各キャストにはユウタロウの人物像などを補足説明するだけだったという。老若男女問わず乗り移る相手を演じた大泉は「自分の出ないシーンをあんなに練習したのは初めての経験です(笑)。でも自分が逆に乗り移られるシーンを演じる方だったら同じことをお願いしていると思うので、これは真剣にやろうと思ったのですが、他の人のシーンの所を演じていると出たくなってしまいますよね」と語っており、ささら駅の駅員・佐野を演じた中村蒼は、乗り移られるシーンを演じるため、何度も繰り返し録画されたDVDを観たそうで「世界中で一番大泉さんのことを見ているのは、この僕です」とコメントしている。

実際に乗り移られた人と演じた新垣は「それぞれ性別や年齢も違うし、本人とのギャップが観ていて楽しかったです。子供のダイヤ君が乗り移られているシーンのリハーサルでは、大泉さんがダイヤ君目線でしゃがみながら演じているのを見て可笑しかったのですが、そこまで考えて動いてくださる人ってすごいなと思いました」と話している。

本作でユウタロウに乗り移られる役を演じた、中村や子役の寺田心くん、富司純子、小松政夫らは、このシーンをどう演じているのか、ぜひ劇場で確かめてほしい。

『トワイライト ささらさや』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング