大河元気と宮崎秋人、メロス役に気合十分

2014.11.13 17:20配信
「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」キャスト一同 「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」キャスト一同

12月3日(木)より東京・草月ホールで上演される「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」。同作の初顔合わせが11月11日に都内で行なわれ、出演する大河元気、宮崎秋人、西村ミツアキ、佐藤永典、椎名鯛造らが出席した。

【チケット情報はこちら】

ビジュアルと音楽を用い朗読劇という形にこだわらない、動いて魅せるスタイルが人気の同シリーズ。また、メインキャストを日替わりで上演するのも、同作の魅力のひとつだ。

主役のメロス役を演じるのは大河と宮崎のふたり。それぞれ「走れメロスは小学校の学芸会で初めて主役をやった作品なので、15年ぶりにまたメロスをやるんだなと思ったら何か感慨深いものがあって、いつものお芝居より更に気合が入っています」(大河)。「(大河とは)全然タイプの違うメロスを演じたいなと思います。稽古場でも学ぶ事が多いと思うので、それを自分の中に取り入れて、違う形で発揮できればと思います」(宮崎)と、気合十分。

メロスの妹役を演じるのは、西村、佐藤、椎名の3人。そのうちのひとり、椎名は「パンフレット用の写真撮影ですね毛を剃って来たのは僕だけだったので、この時点でほかのふたりより一歩リードしているかなと思います(笑)」とコメント。また、同じく妹役を演じる佐藤とはプライベートでも仲が良いという西村は「普段から佐藤くんには自分のエラのことを指摘されていたので、写真撮影のときはあごとエラを隠して撮ってもらいました(笑)。でもやっぱり女性になりきるのは難しいので、本番までには何とか自分の中に入れたいなと思います」と女性役への苦労をのぞかせた。

最後に大河は同作への意気込みについて、「走れメロスというタイトルなのですが、自分の中にはあまり主役と言う意識は無くて、登場人物それぞれのストーリーがしっかりあって面白いので、キャスト全員で良い作品を作っていけたらと思います」と語った。

「本格文學朗読劇 極上文學 第7弾 『走れメロス』」は12月3日(水) から7日(日)まで東京・草月ホール、12月27日(土) ・ 28日(日)に大阪・大阪ビジネスパーク円形ホールで上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング