米スフィロの秒速6mで駆け回るロボット玩具「Ollie」、スマートフォンでコントロール

2014.11.13 17:28配信
Ollie

デバイス連携型の玩具を製作する米スフィロは、スマートフォンやタブレット端末で制御するロボット「Ollie(オリー)」を発売した。税別価格は1万1851円。

コネクティッド・トイで新世代の玩具を提案するスフィロの2作目。2013年9月に発売したロボティックボール「Sphero2.0」の兄弟製品で、iOS/Androidを搭載するスマートフォンやタブレット端末を使って、アプリでコントロールして遊ぶ。秒速6mのスピードで駆け回り、スピン、ドリフト、ジャンプ、フリップなどの技が簡単にできる。

素材は、耐久性のあるポリカーボネート。「Sphero 2.0」と同じように発光する。スマートフォンやタブレット端末を「Ollie」に近づけるだけで、Bluetooth LE接続。半径30m以内で接続できる。USBケーブルで充電する。

11月下旬に発売する別売アクセサリや部品で、カスタマイズに対応。「ヌビータイヤ」「ターボタイヤ」「ウルトラタイヤ」などを搭載すれば、違ったドライブ体験が楽しめる。Bluetooth制御のジャンプ台も開発中だ。

店頭はソフトバンク銀座、ソフトバンク表参道、Apple Storeで、オンラインはAmazon.co.jp、Apple Store、SoftBank SELECTIONで、11月11日に発売した。今後、家電量販店、モバイルアクセサリショップや、ソフトバンク/Y!mobileなどの店舗に展開する予定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング