大ヒット映画のミュージカルがまもなく日本上陸!

2014.11.13 18:5配信
ブロードウェイミュージカル『Once ダブリンの街角で』 ブロードウェイミュージカル『Once ダブリンの街角で』

2012年にトニー賞8部門を受賞したブロードウェイミュージカル『Once ダブリンの街角で』が間もなく日本初上陸する。舞台の基となっているのは、口コミで大ヒットした同題映画。物語は、名もないストリートミュージシャンの男とチェコ移民の若い女がアイルランドはダブリンの街角で出会い、音楽を通して心を通わせていくさまを名曲の数々で紡いでいく感動のラブ・ストーリー。映画の主演はアイルランドの人気バンド“ザ・フレイムス”のフロントマン、グレン・ハンサードとチェコのシンガーソング ライター、マルケタ・イルグロヴァで、彼らが本作のために楽曲を書き下ろしている。

ミュージカル『Once ダブリンの街角で』チケット情報

舞台では、アカデミー賞歌曲賞に輝いた「Falling Slowly」をはじめ、映画の挿入歌の数々が出演者によって生演奏される。ギター、ピアノ、フィドル、アコーディオン、ドラムなど30楽器を使用。アイリッシュバーの舞台セットで展開されるセッションや弾き語りなどの音楽がブロードウェイで大絶賛され、舞台版のCDがグラミー賞2013年ベスト・ミュージカル・シアター・アルバムに輝くなど、音楽ファンにも高く評価されている作品だ。

開演前には、舞台上のアイリッシュバーで観客はお酒を買うことができるなど、劇場に踏み入れた瞬間からアイルランドの世界観を体感できるところも、舞台ならではの魅力。今回の日本公演のために、アイルランドのバーを見立てた舞台セットを日本公演用に製作し、バーのランプや椅子、机、またグラスやお酒のボトルなど小道具はロンドンから買い付けているというのだから、舞台セットにも期待が高まる。本来ならば、ツアーで使用している舞台セットや機材などをそのまま日本に持ってくるのが通例だが、今回ここまでこだわるのには理由がある。それは、なんと日本人による日本語プロダクションの『Once ダブリンの街角で』公演が今後予定されており、そちらでも使用できるようにするためなのだ。更に、現在舞台のオフィシャルHPでは動画コンテストを開催中。劇中歌「Falling Slowly」を歌った動画を投稿すると特賞には豪華なプレゼントが用意されている。締め切りは11月21日(金)18:00まで。詳細はオフィシャルHPにて。

ブロードウェイで最高の評価を獲得し、世界中で各国のプロダクションにて上演されているブロードウェイミュージカル『Once ダブリンの街角で』は間もなく開幕。是非、劇場に足を運んで欲しい。

■ブロードウェイミュージカル「Once ダブリンの街角で」
2014年11月27日(木)~12月14日(日)全24回公演
会場: EX THEATER ROPPONGI
料金:全席指定 13,000円
チケット発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング